フォト
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

2021年5月13日 (木)

ラストカウント

4月14日に始まった再発癌の放射線治療

ついにラストカウント、今日が3 

明後日には予定の20回が終わります。

ゴールデンウィークも挟まっていたので

あっという間の感があります!

治療では全く違和感も副作用も感じられなくて

ほんとに治療してんのかな?と思えるほど

私にとって こんな楽な治療はありませんでした。

これで治療効果があれば凄い!!

 

毎回午前中に仕事して 昼から治療へ

Img_20210512_135048

(1か月前はまだ水が張られてなかった阿蘇谷の水田。

今は田植が盛んにおこなわれています。)

 

1時間半で病院に到着、体温測定したら直ぐに

放射線治療室に入って寝台に寝て治療開始!

睡魔に襲われながら10分ほどで終了。

そのまま病院を出て1時間半の帰路に!

往復の3時間は イヤホンでチベット仏教の

法話を聞きながら車を走らせます。

全く無駄のない一日です? !(^^)!。

 

ところで 先日の分蜂蜜蜂の偵察隊 

私の2つの巣箱は 見事に不合格判定されたようで

入ってくれませんでした。( ;∀;)残念!

分蜂はひとつの元気な巣箱で3~4回あるので

明日天気が良ければ  また期待できるかも。

まぁ! 今年は既に2箱、分蜂蜂が入って

くれているので後は気長に待ちます。

蜜蜂さん、特に女王蜂は3年ほど生きて

その間数万の卵を産み 働きバチは数か月の命ですが

24時間休みなく働き続けるとか。

凄い、凄い、凄い!

 

 

 

2021年5月 9日 (日)

日本蜜蜂の分蜂?

毎週日曜日は孫の子守が大変です!(^^)!。

カフェ果林が繁盛するのは有難いのですが

妻も果林の手伝いに入るので

野風ムラの事務所(菓子工房)に

残されるのは私と孫たち4人となります。

Img_20210509_102703

(30分後には部屋中、オモチャで散らかっています)

1歳、3歳、4歳、5歳の面倒を見ることになります。

騒がし~・・・(-_-;)。   大変、大変!でも

これも人生の中できっといい体験ですね。

Img_20210509_135823

 

ところで 今日は天気が良かったので

日本蜜蜂の動きが活発になってきました。

二つの空箱の周りを2,30匹の蜂が飛び回っています。

きっと分蜂バチ達が新しい巣箱の 

点検調査をしているのでしょう。

明日ぐらいには 点検に合格した箱に女王蜂と

大群でやって来ると思います。 楽しみ!!

 

Img_20210509_175204

(この巣箱から分蜂する可能性大です)

 

 

2021年5月 8日 (土)

コロナの事実を知る

東京都などいくつかの県で 5月末まで

非常事態宣言が出されています。

コロナって本当に怖いですね!

死者は5月現在で累計1万人を超えています。

これだけ怖い病ですから

私たちはこの病の事実をしっかり

見つめる必要がありますね。

 

ところでこのコロナ死者数についての

事実を語っているユーチューブがありました。

参考に見たらどうでしょうか。よく分かります。

 

https://www.youtube.com/watch?v=h1bAF2_a_-k

 

 

2021年5月 4日 (火)

野風ムラ近況、、

栗園に咲く可愛い花 

外国産の蓮華の種に交じっていたのかな?

Img_20210425_175433

5月の連休も残り2日となりました。

今年の天気はあまり良くなくて

昨日だけが晴れて穏やかな1日でした。

明日はまた雨だとか!

ただカフェ果林は有難いことに期間中

例年同様に賑わっています。感謝!

 

ところで野風ムラでは今年も稲の育苗が 

順調に進んでいます。 

Img_20210504_094254

この苗、20日後にはしっかり成長して田植となります。

 

今は日本蜜蜂の分蜂の季節ですが

昨日、一つの箱に蜜蜂がやって来てくれました。

今年2箱目です。

Img_20210502_094741  

しかし今年は 日本蜜蜂が舞っているのが

とても少なく感じられます。 原因は分かりませんが

蜜蜂にとって環境が急速に悪化しているようです。

蜜蜂だけでなく ほかの昆虫たちもここ40~50年で

大激減していると思います。 

小さいころから自然の中で生きている私の実感です。

地球環境が崩壊していっているのを身近に感じます。

 

 

2021年5月 1日 (土)

癌と戯れる 完

私が今回放射線治療を受けることで

一番驚いたこと新発見があります。

それは「放射線治療が、免疫の力を借りた

治療でもある」ということです。

 

どうゆうことか?

放射線は癌の遺伝子を切断するので

免疫細胞が癌を攻撃しやすくなり

その免疫細胞は癌を認識する学習ができて

放射線治療をしていない場所に転移癌があっても

それを攻撃して退治することがあるそうです。

放射線で死んだ癌のかけらが いわば癌ワクチンと

同じ働きをします。 凄いと思いません!。

 

このことをアブスコパル効果と呼んでいるそうで

これについて外科医や内科医はあまり知らなくて

放射線医師の間では 以前からよく知られた

ことであるとK病院のHPに載っていました。

日本放射線腫瘍学会の小パンフレットにも

同じことが書かれています。

放射線治療は免疫細胞の力も借りて癌を退治する

治療ということでもあります。

免疫力を高めるのは患者自身です。

医者の努力50%、患者の努力50%としたら?

これなかなかバランスが良いですね。

 

私は今回 治療に入る1週間前から

副作用が気になって 食事制限を始めていました。

肉や乳製品、お酒を控えて体調を整え

ミネラルたっぷりの自然塩やみそ汁を多めに摂る。

放射能には発酵食品が良いとあるので

玄米豆乳ヨーグルトと微生物発酵エキスのEMXを

摂取しています。

 

これらは結果的に私の免疫力を高めるものばかりです。

私の今の免疫力はマックス程に高まっています。

このことが ほんとにアブスコパル効果を

引き出し 癌の完治に向かうのか興味あります。

ワクワクです。

私の再発癌の完治率は30~50%くらいだと思います。

もし完治となれば 免疫力を高めて治療に臨んだことが

良かったことになるのかも知れません。

 

今回 私が癌と戯れてみて 理解したことは

病気をしない健康は 自らの努力。

免疫力を高めるライフスタイル、食べ物が

最も大切だということです。

それは人に幸福感をもたらします。

現代人は我執、我欲によって それとは真逆の方向に

進んでいて 多くの病を次々に生み出しています。

それは人に苦しみをもたらします。

もう少し自然と調和した生き方を目指すのが良いですね。

 

 

癌と戯れる 5

ゴールデンウイークが始りましたが

昨日は平日で 放射線治療に行ってきました。

トータル20回の治療で 13回目が終わり

あと7回、あっという間に終わりそうです。

治療前に少し心配だった副作用も無く順調です。

 

ところで放射線治療専門のK病院は 私が診察を

受けているT病院のすぐ近くにあり 両病院の連携も

強いようで 私にとってはラッキーなことでした。

私は放射線治療については 何も知らなかったので

今回の治療で色々と興味ある学び、

発見があって楽しんでいます。

 

私の放射線治療は始めに院長から 3っつの提案があって

1,前立腺があった場所に広く32回照射する。

2、同上にプラス 癌があるところに5回、計37回照射。

3、MRIで映っている癌のみに20回照射する。

(広く照射は そこに見えてない癌があるかもで)

私は3の20回照射を選択しました。

そして早速治療が始まりましたが 今の放射線機器は

私の想像以上に進化した優れものです。

特にこの病院は放射線専門外科病院で 

日本でも数少ない最新の機器がそろっています。

 

私の受けてる治療機器はノバリスTxと言って

ドイツ製でさらにアメリカの技術も入っています。

癌のある場所にミリ単位の誤差で照射できるそうで

高い放射線量を当てることができて 

20回で従来の30回分の照射ができるようです。

患者の呼吸で動く患部にも ミリ単位の誤差で

照射できる。 驚きですが これにはミサイルの目標

追跡軍事技術が応用されているようです。

パソコンも始めはアメリカ軍が開発したものが

民間にも広く利用されるようになりましたね。

 

さらにこの病院には先月から サイバーナイフという

最新機器も導入され 今夏からは早期の前立腺癌治療

にも使えて 5回の照射治療で終わるとのこと

医療技術の進歩は凄いと思います。

このK病院には二人の放射線専門医と

最先端放射線機器も揃っていて 

私はほんとラッキーです。感謝!

 

さらに私が今回の放射線治療で

一番驚いたこと新発見があります。

それは・・・

 

 

 

2021年4月29日 (木)

癌と戯れる 4

今日は久しぶりに雨が降りました。

カフェ果林は今 美しい新緑に覆われています。

お客さんも沢山来ていただきました。 ・・が、

居心地が良いのか5時間も過ごす客もいて・・

個室滞在長すぎやろ・・(-_-;)😄。

 

ところで私の癌は 手術後4年目にPSAの数値が

再発値の0.2を超えました。  それから3年の

今年2月、検査で0.75まで上昇したので

主治医が「そろそろ今後の治療を考えましょう」と

言うことになりました。

そして3月末、再発がんを探すMRI撮影を受けました。

今の日本の病院でPSA値が0.75位で

再発がんを探し出せる所は殆どありません。

しかし 主治医が「このT病院のMRIはとても優秀です」

と言った通りに 私の再発がんが映し出されていました。

私は自分の癌が見つかったことより ここのMRIの

優秀さに「先生凄いですね!」と感動しました。

 

再発がんが見つかって治療法を考えることになりました。

治療方法は3つあります。

1つはもう一度 根治をめざしての放射線治療。

2つ目は 根治をあきらめて最後まで癌と共生する。

その為のホルモン注射療法(男性ホルモンを止める)。

3つ目は同じホルモン治療でも外科手術で去勢する。

  (オカマになる?ミスターレディー?)

 

私は最初 癌が見つかるはずがないと思っていたので

3つ目の「先生、去勢でお願いします!」と言うと

先生は意外だったようで「ええ!、ほんとに去勢でいいの!

手術は出来るけど これを選ぶ人は殆どいないけどね。」

私 「いや~ 私は去勢することで自分の身体や

意識にどんな変化が起きるのかも 興味あるんです

それに若い時 牛飼いで沢山の子牛の去勢を

やったのでその罪滅ぼしもあります(-_-;)」😄

 

ここまで言ったところで 迷いが生じました。

MRIで撮影を受けている時 MRIを操作している

技師さんの必ず癌を探し出そうという強い想いが

撮影台に寝ている私に 不思議と

伝わって来ていたからです。

お陰で 撮影後の写真に8ミリほどの再発癌が

映っていました。

癌と最後まで共生の去勢か もう一度放射線治療で

完治を目指すか!迷いが生じました。

 

そして 1週間結論を先延ばしにし その間に

主治医の紹介する k放射線外科病院をネットで調べて

今回は放射線治療を選択することにしました。

1週間後 主治医に其のことを告げると 

「それ 有ですね!」と言って直ぐに予約を取ってくれて

4月14日から放射線治療が始まりました。

 

2021年4月28日 (水)

癌と戯れる 3

「何が与えられているかが問題ではなく、

与えられたものをどう使うかが問題である。(アドラー)」

私の人生訓の一つです。

この言葉は私に大きな勇気をくれます。

私には前立腺癌が与えられていますが

この癌を自分の人生にどう使うかが本質の問題です。

私がこの癌をどのように使っているのか・・。

 

一つは 癌があることで自分の余命(死)を考えます。

例えば7年と考えることで 残されたその時間を有効に

使おうと思います。

本来怠け者の私は 今日やるべきことをいつも

先延ばし続けてきましたが 癌はそんな私の背中を

押してくれて 先延ばしするな!という

気にさせてくれます。

癌手術とほぼ同時期に始めた、チベット仏教の勉強も

お陰様でより一層進みました。

今も毎日 病院への車で往復3時間は

ガルチェン法話を聞きながら走っています。

また身の回りの整理、断捨離も進みます。

「私のガンちゃん、ありがとう」です。

 

二つめは 癌と免疫力、食べもの関係を

我が身で検証できることです。

前立腺がんはその進行状態をPSAという

数値(血液検査)で しかも0.01の精密さで

見ることができます。

私は6ヶ月に一度その検査を受けていますから、

その間の食べ物の影響が、PSAの数値に

もろに出て 癌と食べ物の関係を検証できます。

私にとってこれはワクワクする事です。

私のガンさん、ありがとう。

 

で、色々とここ3年間試してみました。

玄米菜食、ケトン食、断食、玄米豆乳ヨーグルト、

EMX清涼飲料水、玉ねぎとニンニクのサプリ・・・。

で、その結果は私の癌には特に、玄米豆乳ヨーグルト、

EMXゴールド、(免疫力強化)と

玉ねぎ、発芽にんにくサプリ、前立腺癌に直接効く

ことが分かりました。

術後3年間の私のPSA数値の倍化時間は

6ヶ月でしたが ここ3年間では18ケ月以上と

延びています。  

私の現在のPSA値は0.7ですが

食事療法をしてなかったら PSAが20を

超えていたと思います。

この違いは大きいですね!。

 

癌には食生活がいかに大切かが体験できました。

ガンさん、ほんとにありがとう!!。

 

ちなみに今流行のコロナ風邪、この一番の対策も

自分の免疫力アップだと聞いています。

だったら私は玄米豆乳ヨーグルトとEMXですかね。

 

今私は新たな挑戦(初体験)である

癌の放射線治療を受けています。

これまた、ワクワクすることが多いです。

ガンちゃん ありがとう。(本心です!)

つづく

 

2021年4月25日 (日)

寄り道

癌と戯れる 3、を書き始めて 最初に

自分の人生訓の一つを書こうと思いました。

「何が与えられているかが問題ではなく、

与えられたものをどう使うかが問題である」

アドラー。  間違いないかな?とアドラーを

検索すると出てきました 他に色々と素敵な言葉が。

長いですがご紹介!!

 

アドラーのことば ・・・

「よくできたね」とほめるのではない。「ありがとう、助かったよ」と感謝を伝えるのだ。

感謝される喜びを体験すれば自ら進んで貢献を繰り返すだろう。

 

苦しみから抜け出す方法はただひとつ。他者を喜ばせることだ。

自分に何ができるかを考え、それを実行すればいい。

 

叱られたり、ほめられたりして育った人は、

叱られたり、ほめられたりしないと行動しなくなる。

そして、評価してくれない相手を、敵だと思うようになるのだ。

 

人の心理は物理学と違う。問題の原因を指摘しても、

勇気を奪うだけ。 解決法と可能性に集中すべきだ。

 

健全な人は、相手を変えようとせず自分がかわる。

不健全な人は、相手を操作し、変えようとする。

 

他人のことに関心を持たない人間は苦難の道を歩まねばならず、

他人に対しても大きな迷惑をかけることになる。

人間のあらゆる失敗はそういう人たちの間から生まれるのです。

 

判断に迷ったら、より多くの人間に貢献できる方を選べばいい。

自分よりも仲間たち、仲間たちより社会全体。

この判断基準で大きく間違うことはまずないだろう。

 

「仕事で失敗しませんでした。働かなかったからです」

「人間関係で失敗しませんでした。人の話に入らなかったからです」。

彼の人生は完全で、そして最悪だった。

 

「暗い」のではなく「優しい」のだ。

「のろま」ではなく「ていねい」なのだ。

「失敗ばかり」ではなく「たくさんのチャレンジをしている」のだ。

 

あなたが悩んでいる問題は本当にあなたの問題だろうか。

その問題を放置した場合に困るのは誰か、冷静に考えてみることだ。

 

子供にとっては 家族が世界のすべてなのだ。

親に愛されなければ 死ぬしかない。だから子供たちは

全力で親に愛されようとする。そのときとった命がけの戦略が

そのまま性格形成につながっていく。

 

幸せの三要素は 自分自身が好きかどうか。

よい人間関係を 持っているかどうか。

そして、人や社会に 貢献しているかどうか。

 

子供は感情でしか大人を支配できない。大人になってからも

感情を使って人を動かそうとするのは、幼稚である。

 

重要なことは人が何を持って生まれたかではなく、

与えられたものをどう使いこなすかである。

 

どうしたらみんなを喜ばすことが出来るかを毎日考えるようにしなさい。

そうすれば憂鬱な気持など吹き飛んでしまいます。

反対に自分のことばかり考えていたら、どんどん不幸になってしまいます。

 

「世話好きな人は、単に優しい人なのではない。

相手を自分に依存させ、自分が重要な人物であることを実感したいのだ。

 

どんな能力をもって生まれたかは大した問題ではない。

重要なのは、与えられた能力をどう使うかである。

 

勇気とは困難を克服する活力のことだ。勇気のない人が困難に出会うと、

人生のダークサイドへと落ちていってしまうだろう。

 

自分だけでなく仲間の利益を大切にすること。受け取るよりも

多く相手に与えること。それが幸福になる唯一の道だ。

 

他人からの賞賛や 感謝など求める必要はない。

自分は世の中に貢献している という自己満足で十分である。

 

人生には3つの課題がある。1つ目は「仕事の課題」。

2つ目は「交友の課題」。3つ目は「愛の課題」である。

そして後の方になるほど解決は難しくなる。

「愛の課題」とは、異性とのつきあいや夫婦関係のことである。

人生で一番困難な課題であるがゆえに、解決できれば深いやすらぎが訪れるだろう。

 

扱いにくい相手とうまく付き合うには相手が何とか自分を

優秀に見せようとして躍起になっていることを念頭に置くこと。

その観点から相手と付き合ってみなさい。

 

もっとも重要な問いは「どこから」ではなくて「どこへ」である。

 

まず無理だと思ってもやらせてみる。失敗しても

「今度は上手くできるはず」と声をかけることが大切。

 

楽観的でありなさい。過去を悔やむのではなく、

未来を不安視するのでもなくいま現在だけを見なさい。

 

人は過去に縛られているわけではない。あなたの描く未来が

あなたを規定しているのだ。

過去の原因は「解説」になっても「解決」にはならないだろう。

 

「信用」するのではなく、「信頼」するのだ。

「信頼」とは裏付けも担保もなく相手を信じること。

裏切られる可能性があっても相手を信じるのである。

 

できない自分を責めている限り、永遠に幸せにはなれないだろう。

今の自分を認める勇気を持つ者だけが、本当に強い人間になれるのだ。

 

「やる気がなくなった」のではない。「やる気をなくす」という

決断を自分でしただけだ。「変われない」のではない。

「変わらない」という決断を自分でしているだけだ。

 

「自分は役立っている」と実感するのに、相手から感謝されることや、

ほめられることは不要である。貢献感は「自己満足」でいいのだ。

・・・・

 

 

2021年4月24日 (土)

癌と戯れる 2

・・・・

私は 初診のMRI写真で癌らしきものが見つかり

1週間後に生検と言って そこの細胞を採り

調べてもらいました。

結果を後日 妻同伴で聴くと悪性度の高い

早期癌であると言われました。

妻が病院から果林の娘に 私の癌確定を電話

したところ 未婚の娘の第一声が「まだお父さんに

孫の顔を見せてない!」とか!!

「おい、おい! 父さんをそんなに早く殺すなよ!」

なんて思って笑っちゃいました。

 

癌が確定して私は主治医に 決まりの質問?

「この癌で手術して余命はどのくらいですか?」と

聞きましたが医師の答えは「10年は大丈夫でしょう。

20年はわかりませんけど!」との答えで だったら

私の癌 私の人生に関係ないレベルじゃん思いました。

 

60歳から余命10年もあれば、今回の生の仕上げは

できそうに思えたからです。 前立腺がんは進行の遅い癌です。

私にとってラッキーだったのは それが早期に見つかった

ことです。 検診が後2年遅れていたら悪性癌で深刻に

なっていたと思います。

 

そして1か月後に癌の摘除術を受けましたが

私の主治医は40代前半で若いのに、この手術を

既に200例以上執刀しているとのことで 安心して受けました。

このT病院は当時 前立腺の手術では年間1000例を

超えていて その数では日本一多い病院となっていました。

主治医が手術に自信を持っていたはずです。

この様な運が重り 術直後の深刻な後遺症もなく

治療は順調に進みました。

・・・・

 

 

«癌と戯れる 1