フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

2020年7月12日 (日)

ガルチェン法話

昨年6月29日から7月2日までの4日間、私は京都でガルチェン・リンポチェ師の

法話を聞く有難い機会を得ました。

006_20200711235601

リンポチェはチベット仏教ディクン・カギュ派の高僧です。

この派の法統は ティローパからナローパ(インド)→(チベット)マルパ→ミラレパ→ガンポパ→

パグモドゥパ→ジクテン・スムゴン→・・・ガルチェン・リンポチェと 師から弟子へ密教が

確実に生きた仏教として継がれてきています。 

 

ゆえに今もとても新鮮であり、ガルチェン・リンポチェ師の法話はただただ明瞭です。

その時の法話内容が法話集として 「日本ガルチェン協会」から発行されています。

そしてこの法話の出だしでの リンポチェのお言葉が以下です。

・・・・・・・・・・・

「 この世界には、世間のシステムと精神のシステムのふたつがあります。

そのふたつを調和させて修行することが大切です。

心の幸せを得るために様々な宗教がありますが、仏法を修行すれば、

今世においても来世においても心の安楽を得ることが出来ます。

心は、まだ開いていない花の種のようなものです。

科学が発達したおかげで、衆生は外のレベルでは安楽や喜びを享受できています。

ですが心の幸せを得るためには、

世間だけでなく精神の伝統にも従うことが大切です。

どちらのシステムも、楽を成就し苦から解脱する方法を探しています。」

・・

「 ですから一時的および究極的な幸せを得るためには、

世間と精神のふたつのシステムを調和させて修行することが大切です。」

・・・・・・・・・・

 

Img_20200321_183906-2_20200711235901

 

2020年7月10日 (金)

リーディング 3

・・私はワドゥーダのリーディングが、

私の今世の生き方にも一致していることに驚きました。

私は今回の生で33歳まで「 世間の生(牛飼い)」を生きました。

しかも その経営は満足できるところまで達成しました。 

しかし ある日、その生き方を捨てて「瞑想の生」への旅に出ました。

この瞑想の生でも、私は不思議なくらい順調に道を進むことが出来ました。

そして40歳過ぎに、ワドゥーダが私の前に現れて、私の道を示してくれたのです。

私はこのリーディングを 和尚メッセージだと受け止めました。

そう思うのは話の中で 「彼はとても誠実な人であった」 と聞いたからです。

私はインドの和尚コミューンでテイクサニヤス(和尚の弟子になる)したとき

もらった名前が「デヴァ・サーディク」意味は(神聖な誠実)です。

私の名前の由来がチベットの生からきていると感じて

ワドゥーダのリーディングが真実のように思えました。

 

この様な体験を経て、その後私は「世間と瞑想の統合、調和」を

より意識して生きるようになりました。

その生き方は世間と瞑想の調和した「野風ムラ」づくりです。

私はこのムラ環境づくりとしてまず 自然と調和した作物づくり(自然農法)や

植林による「森づくり」を始め、その中に陶芸や民泊所、食品加工所、

瞑想ハウス、等を整備していきました。

この流れはさらに進化して今は 長女、長男夫婦でカフェ果林もオープンして

沢山の人たちが野風ムラを訪れていただいています。

 

私の「瞑想の生」の進化については とても不思議なことに 

自然の流れで今、チベット仏教に帰依しています。  

しかも 縁あってカルマ・カギュ派・・・ ディクン・カギュ派の高僧 

ガルチェン・リンポチェ師を根本上師 として学んでいます。

 

ワドゥーダはリーディングの中で、「あなたはおそらくカルマ派の僧院にいました、

なぜなら あなたの僧衣がカルマ派のものに見えたからです」と言いました。

それから数百年後の今 私は再び同じカギュ派の場所?で学んでいるのかもしれません。

ちなみに現チベット仏教には主に、ニンマ派・ゲルク派・カギュ派・シャキャ派があります。

 

先日 入院中に読んでいたガルチェン・リンポチェ師の法話は 

私に菩提(解脱)に至る究極の道を解りやすく説き示してくれています。

後は私の努力・修行次第だと思います。

何時の日か(ずっと未来世かもしれませんが)成就出来ることを願っています。

おわり

 

 

 

 

 

 

 

2020年7月 9日 (木)

大水害考

熊本では球磨、人吉市で大水害が発生しました。

これを受けマスコミは川辺川ダム建設を12年前に中止した

蒲島知事に「この責任をどう感じていますか?」などと質問しています。

私にすれば「マスコミよ!よく言うよな~」と思います。なぜなら当時

殆どのマスコミが全国版で川辺川ダムは税金の無駄使いだ!と発信していたからです。

それを受けて全国民の85パーセントがダム中止に賛成していました。

 

私は近年の水害、災害の責任は私を含めて世界中の人々(人間)にあると思っています。

あまりにも自分(人類)さえよければの我執の心が この災いを引き起こしていると感じるからです。

異常気象、コロナ、バッタ、戦争破壊等々。 なぜなら真実は心が世界を作っているからです。

世界は心の反映です。 

 

今回の人吉水害については 以下のような解説も見られます。

あるMLに、京都大学名誉教授で河川工学の

今本博健先生が投稿されたことを貼り付けます。

- - - - - - - - - - - - - -

球磨川は私が繁く訪れた河川ですので、4日は河川情報に釘付けでした。

この洪水で川辺川ダムが息を吹き返すのではないかとの思いがよぎりました。

 

朝から市房ダムが緊急放流をするとの予告が流れていましたが、

貯水位は異常洪水時防災操作開始水位の0.1m手前でとまりました。

川の防災情報では、10分毎のデータを数分遅れで発表することに感心しながら、

データを注視していました。予告は空振りに終わりましたが、

避難を早める効果はあったようです。

 

問題の川辺川ダムですが、今回はダムサイト近くの四浦水位観測所の最高水位から推定しますと、

流量は4000m3/s程度です。

川辺川ダムの計画流入量は3520m3/sですので大幅に上回ったと思われます。

このことは緊急放流をすることにつながります。

そうなれば、人吉の被害はもっと悲惨になっていました。

「川辺川ダムをつくっていなくてよかった」というのが私の感想です。

 

盆地の治水対策ですが、浸水を前提としたまちづくりで対応することです。

堤防補強や河床掘削は必要ですが、氾濫をなくすことはできません。

氾濫しそうなときは避難して命を守り、物的被害は補償で対応するのがいいと思っています。」

 

私たちは人間の命を守るためにダムが必要だといいます。

しかし、ダムによって自然環境が変わる河川や下流の海では 

天文学的数の生物たちの棲みかと命が奪われます。

人も他の生き物も命の重さは平等です。

何故ならそこの間を私たちは六道輪廻しているからです。

今世は人間でも来世は、球磨川に棲むアユになっているかもしれません。

そのことを顧みる人が少なすぎるように思います。

苦の因は我執、我欲です。

楽の因は慈愛、利他心、です。

私達がほんとに幸せに生きる秘訣です。

地球温暖化 誰が引き起こしているのでしょうか? それは私の心です。

私の心はあなたの心であり、全人類の心でもあります。

なぜなら真実 心は 不二ですから。

 

 

2020年7月 8日 (水)

リーディング 2

・・・ワドゥーダの話(リーディング)では

 

「あなたはチベットで、ある良心的父母の元に次男か三男の立場で生まれました。

5、6歳のころ、おそらくカルマ派と思われる寺院に入門することになりました。

それは父母や周りの人々にとって大変祝うべき、また喜びとなりました。

しかし本人である貴方は幼少ゆえに 父母から引き離され大変なショックを受けました。

貴方はこの寺院で修業を積み、精神性を高めていきました。

とても誠実な人でもあり、やがてこの寺院でなくてはならない存在になっていました。

このころ貴方は 愛のエネルギーを放射して、その光で空間を満たす

ハート瞑想をやっていました。 仲間の僧侶たちとこの瞑想によって

世間に愛の光をもたらそうとするものでした。

しかし、あなたは寺院の瞑想だけでは満足しませんでした。

時々、寺院を抜け出しては、世間の中で生きることも試みました。

あなたは、瞑想と世間の統合に意味を見出そうとしたのです。

でもこれはそれまでの伝統を打ち破ろうとする試みであったがために

伝統にしがみつく者たちから理解されず妨害されて、ついにこの生で

新しい道を切り開くことが出来ませんでした。

この後の生から、あなたは世間の生と瞑想の生の両極を交互に

触れながら生きてきました。

ある生では世間の生を・・。 あなたは何時の世間の生でも、小さくはあるが

成功しました。 一方で必ず聖なる不満が残りました。 そこで次の生では、

瞑想の生を選び、ここでもある意味成功しますが、チベットの生から来る原因で

不満が残ります。 あなたは幾生も重ねながら、瞑想と世間の統合を達成しない限り

満足できない道を歩んでいます。

これが、あなたの遠い過去世から続く、ライフパターンであり、道です。

あなたは、チベットの生では古い伝統を打ち破ることが出来ませんでしたが、

それから幾生も経た今日、その時と同じような状況が再現されつつあります。

今回勇気を持ってすれば、達成する可能性も見られます。 」

 

彼女は私の「過去世」をこの様にリーディングしました。 つづく

 

 

 

 

 

2020年7月 7日 (火)

リーディング

今朝は2時ころに外の強い雨音で目が覚め 少し心配になったので起きてテレビ、PSを立ち上げて

天気予報の雨雲の動きを調べました。

すると我が家のある南小国町あたりにも、線上の厚い雨雲が伸びているので 

裏山の土砂崩れが心配になり、妻とそのまま4時過ぎまで起きて 

寝てる息子夫婦に幼い孫二人もいるので避難タイミングなど考えていました。

その後、雨の様子から峠は越したと判断してまた私達も眠りにつきました。

ただ 朝7時ころに起きだして 野風ムラを見に行ったらビックリ!川の水が堤防を越えていて

野風ムラの畑が冠水したようで 既に水は引いていたのですが多くの竹、流木のごみが、

そのまま残されていました。 あっちゃ~!!!。

Img_20200707_163441

育てていた野菜の半分くらいがその下敷きとなってダメになっていました。残念だけど

これくらいの被害で終わったので、また2匹の犬は無事だったのでま~良いか!!てな感じです。

明日は皆で後片付けします!! 

手術直後で力仕事は出来ませんが私にはユンボという強力な助っ人がいるので楽勝です🎵

これほどの野風ムラの水害は、私が結婚した年以来だから40年ぶりです。

 

ところで 以前記事に書いた私の過去世リーディングにつて 今回少し詳しく記したいと思います。

 ・・・・・・・・・・・・・・・

1994年秋も深まった11月、私は和尚ラジニーシの弟子で秘教グループメンバーでもある

セラピストのワドゥーダが 熊本の阿蘇に来ることを知りました。

彼女の写真を見た私は、アメリカ人の彼女に親しみを覚えて、個人セッションを受けることにしました。

ワドゥーダと会う日が近づくにつれて、

なぜか私は彼女が和尚メッセージを携えてやって来るような気がしました。

そんな彼女が11月23日、阿蘇にやって来ました。 彼女はとても美しい雰囲気を持っていました。

私はさっそく彼女のセラピーの中の一つ チャクラリーディングを選んで個人セッションを受けました。

もちろんそれがどんなものかは知りませんがきっと身体を触って

私の各チャクラの様子を見るのだろうと思っていました。 

しかし彼女は 私の正面に静かに座っただけです。しばらく目を閉じたあと、その眼を開くと私を見ながら

「あなたのチャクラは健康的で開いています」と言いました。 

そして次に私の過去世についてしゃべり始めました。

私は自分の過去世をこんなところで聞けるとは思っていなかったので、

最初は驚きましたが、興味を抱いて彼女の話に耳を傾けました。

彼女は、私のチベットの生について主に語りました。私の数百年前の生のことです。 ・・・つづく

 

 

2020年7月 6日 (月)

娑婆(しゃば)世界

前の記事で書いたように 7月1日、精神修行のために山に! じゃなくて

腹切り手術で病院に入院し、今日6日ぶりに(娑婆界)我が家に帰ってきました。

この入院中 私は一つの戒を持つことにしました。

それは「テレビは見ない」という簡単?なものです。😃で・それを守り通しました。

病室は4人の相部屋でしたが 今どきの部屋は一人ずつカーテンで閉め切ってあるので

他の人を見ることも話すことも殆どなく個室みたいなものです。

さらに今は、コロナ騒動で病室への見舞も制限されているので1日静かです。

また3度の食事も決まった時間に精進料理に近いものを 看護師が上げ下げしてくれて

チベット仏教の学びの環境としてはホント最高??でした。

6日間の中で手術日だけは、さすがに集中できませんでしたけど!

残りの5日間 ガルチェン・リンポチェ師の法話集とミラレパの伝記を

集中して読み込むことが出来ました。

Img_20200321_183906-2_20200706231801

それに夜 病室が消灯されたらボイスレコーダに吹き込んである

「観音菩薩成就法」などを聞いたりと 一日中仏教徒してました。

この様に集中できたことで より深く仏教を学べました。

今回ほんとに有り難い入院でした。

退院するとき看護師さんがふたり エレベーターまで見送ってくれました。

一階に降りてドアが開くと そこでは外来の患者さんたちがマスク姿で混雑していて

一気に娑婆界に戻って来たと思いました。

我が家に帰るとテレビでは集中豪雨災害の様子や警戒情報が流れています。

早く梅雨明けとなりますように!

 

 

 

2020年6月30日 (火)

ワクワク修行

昨日は今年最後の田の草取りを妻と息子と三人で行いました。

稲の成長も進んでいるので今回の草取りで 

収穫まで稲が他の草の成長に負けることはないでしょう。

Img_20200629_181255

野風ムラのガクアジサイも美しい花が咲き始めています。

Img_20200629_175038

 

重労働?の田の草取りが終了し 仕事が一段落したので

私は明日から1週間ほど家を離れて 一人修行?に入る予定です。

 

行き先が山の中の庵なら最高ですが 少し残念ながら病院への入院です。

6年ほど前に受けた外科手術の副作用が出て また簡単な手術を受けます。

全身麻酔で手術を受けて目が覚めたら病室で楽なもんです😃。

 

ということで手術が終われば 後は退院までゆっくり過ごせます。

この一人自由な時間何に使いたいかというと 

ガルチェン・リンポチェの法話本など チベット仏教関連の学びに

集中したいと思っています。 

有意義な時間が過ごせそうでワクワクしています。

 

私にとって病院での手術入院は 前回、前々回と術後の夢に仏教関連の女神や憤怒神が

リアルな姿で現れたのが記憶にあるので 今回は???これもちょっと楽しみ!

ともあれ病院生活楽しみたいと思っています。

さらには 退院した日に見る稲の成長も楽しみです。

 

 

2020年6月25日 (木)

野風ムラの近況

天気予報では今日からまたしばらくの間 雨が続きそうです。

梅雨末期の大雨が心配の時期ですね。

野風ムラでは 雨前にジャガイモ堀りをしました。

Img_20200623_145656

100キロほどの収穫量ででした (メイクインと男爵)

 

ブルーベリーは早生種が収穫最盛期です。

Img_20200622_102033

 

4月に接ぎ木した栗は 今成長が旺盛です。

Img_20200622_153437

 

ここ1週間 私が挑戦しているのはホタルの養殖です。

Img_20200622_212120

野風ムラ近くの用水路周辺に夜になると蛍が飛び交っていますので

その雄と雌ホタルを15匹ほど虫かごに捕え 中に茶碗を伏せガーゼをかけます

それに卵を産んでもらう(予定!)です。

1匹のメスが400~1000個の卵を産むそうで 毎日家でかごの中を観察しています。

卵を産んだら蛍達は解放してあげて ガーゼに産んだ卵は孵化するのを待ちます。

孵化したら用水路に放流します。 今年は実験です!

ホタルの産卵から孵化そして放流まで 簡単にできるようであれば 

2~3年後には 沢山のホタルが飛び交う野風ムラも実現するかもしれません。楽しみ!

 

以上は「世間の生」で「瞑想の生」では今

ガルチェン・リンポチェ師 法話の中の「ミラレーパの道歌」部分や

いつも日本語通訳(チベット語→日本語)でお世話になっている渡邊さんの

ミラレーパの生涯を記した著書(仏教聖者ミラレーパ 魂の声)を読んでいます。

Img_20200614_091933_20200626081901

 

私にとって世間の生だけでは物足りなく感じます 瞑想の生だけでもそうかもしれません。

「世間と瞑想の統合を目指す」それが私の道だろうと感じています。 

それは私だけではなくて 今のこの世界にとってもとても大切なことだと思います。

今はあまりにも多くの人々が「世間の生」(我と我執)に偏り過ぎてバランスを失っています。

その果は大いなる「苦」です。 この因果の法は絶対で誰も逃れることはできません。

 

ブッダの言葉に「諸々の悪業をなさず 善業に努め 自らを浄化する それが諸仏の教えである」

大切な言葉ですね!。

ガルチェン・リンポチェ師は「常に慈愛と悲心からの利他心を保つことで 我と我執を焼き尽くしなさい」

と教えています。

コロナ後の世界が「世間と瞑想の統合」された調和の時代となりますように!!

 

 

2020年6月 7日 (日)

今日の野風ムラ、

梅雨前の今日の野風ムラ 

朝からの晴天で木漏れ日射す野風ムラは過ごしやすい一日でした。

Img_20200607_162508

お客さんの密を避けて完全予約制のカフェ果林、

お客さんの殆どが外の気持ち良いテラス席を利用しています。

 

Img_20200607_162757

ブルーベリー畑では 早生種の実が色付き初めて今朝初めて

数個だけですが収穫できました。

これから毎日のように収穫が始まりそうです。

 

Img_20200607_162648  

畑では20種類ほどの野菜たちが順調に育っています。

収穫した新鮮野菜は果林の食材と我が家で利用しています。

 

 

2020年5月31日 (日)

スマ女の朝

日曜の朝 朝食を済ませて外(果林)に出かける前のひと時。

我が家のスマ女達と私のパソコン!

Img_20200531_092422

 

«希望ある話