フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

2020年2月22日 (土)

思い出 完

先月から「思い出」として30年ほど前の インド和尚コミューン訪問での

体験を綴ってきました。

この記事を書く気になったのは、そこにキーワードとして「慈悲心」があったと思ったからです。

私は昨年 チベット仏教勉強会でガルチェン・リンポチェ師の法話を聞いてから

その後ずっと 自分の内側で「慈悲心」の大切さを思ってきました。

慈悲(慈愛、悲心)は今世、来世において、自分や周りの人々を幸福にする根本の因でありますが

それは究極的には私の内なる仏性、智慧と出会い 永遠の幸福を得る解脱の因でもあると思います。

 

「慈悲」の言葉を保ちつつ 30年前の和尚コミューンでの「ブレスヒーリング」不思議体験を

振り返った時 それが不思議なことでもなかったと思いました。

それは 私はコミューン訪問で瞑想の深まりとともに 和尚への思慕の念が高まっていきました。

その様な中でヒーリング体験をすることになりましたが 前回記した様にその中で

私に最初に訪れた想いは悲心でした。 それは人々が幸福になりたいと願っていながらも

無知、無明が因で結果的に不幸(苦)を選んでしまっている。

自分をほんとに苦から救ってくれる聖者さえ 殺めてしまうことにどうしようもない

悲しみと哀れみの想いが湧きました。

次に それでも皆やっぱり幸福を真剣に願っていることを思うと 

そのことにただ いとおしさを感じ ほんとにすべてが幸せになれるようにと思いました。

その時 私の中に生じた悲心と慈愛の念は たぶん私に勇気を与えました。

 

身体を去っている和尚が、その無量の光 智慧の光で衆生を救ってくれるなら

そしてその為に私の空っぽの身体がその光の通路として必要なら 

私は今 このまま死んで(去って)しまって良いと思いました。

私は和尚に私を本気でささげ(明け渡し)ました。

 

その後に 私の身体は私の意志に関係なく勝手に動きはじめて 

たくさんのエネルギーが流れました。

 

この体験は私にとってはずっと不思議体験でしたが チベット仏教を学び知識を得ることで

それが 慈悲心と和尚(仏)への信頼で 我の明け渡しが起こり 

和尚のエネルギーを体験するという 必然の流れだったのではと思っています。 

 

和尚のエネルギーは 私が瞑想の中で我を消し去った時の私のエネルギーでもあり

それはガルチェン・リンポチェ師のエネルギーでもあると思います。

和尚はすでに身体を離れています ガルチェン・リンポチェ師は遠くアメリカの地に住んでいます。

しかし私は いつでも逢うことが出来ます。 物理的距離は関係ありません。

私が内側の旅(瞑想)で我が消え去って一瞬 中心に至った時  

そこに彼らは(不二・仏性の世界に)常にいるからです。

 

 

慈悲・利他心は我・我執を焼き尽くす炎だそうです。

慈悲は道であって 目的地でもあると今は思っています。

 

今日のニュースでは私の住む熊本でも ついに新型コロナ風邪患者が発生しました。

今回のコロナウイルスは 慈悲の道を大きく踏み外し 我執・煩悩が

マックスに達している私達人類への反省と懺悔を求める 警告の使者なのかもしれません。

大自然界(宇宙)は慈悲と愛のエネルギーによって大調和・維持されている一つの生命体です。

その中に その調和を乱すものが現れたら必ず自然治癒力を発動すると思います。

キラー細胞が活動を始めます。 

 

苦でなく楽の世界を求めるなら 一人一人が慈悲・利他心によって自らの我・我執を

焼き尽くすことの努力(修行)を行うことだろうと思います。

ひとつの方法は祈りです。

世界が平和であるように 人々が幸福であるように祈り続けることだと思います。

この祈りの間は我執は存在しません。

24時間もし祈り続けたら 我執は1日焼き尽くされます。

 

ps   ブレスヒーリングについて私が日本で一番のヒーラーだと思っている方がいます。

野風ムラにも数度 訪れてくれた「清水 友邦」氏です。

Facebookの2月20日8:06の記事にブレスについて触れています。

興味があったら覗いてみてください。

https://www.facebook.com/prayas.shimizu

 

 

2020年2月17日 (月)

新型コロナ風邪

昨年11月頃に中国で発生した新型コロナ風邪は 1月には日本に上陸し

まだ2月半ばなのについに その感染経路が不明の患者が出始めました。

これは大流行の始まりです。 感染力が強いのであと10日もすれば

九州の田舎に住む私の近くにもこのウイルスが迫ってくる可能性があります。

そんな今 私たちがすべきことは 感染を防ぐ対策(手洗いマスク等)だけでなく

最も大切なのは感染することを覚悟して、自然治癒の免疫力を高めることだと思います。

 

この風邪では、老人や持病のある方等が重篤になったり死亡する確率が高いので

免疫力が高いか低いかが軽症、重症の分かれめだと思います。

私の免疫力アップ法は 手作り玄米豆乳ヨーグルト(腸内善玉細菌を増やす)と

砂糖の摂取量減らす(白血球の活性化)と EMXゴールド(免疫力アップ)

それに 小食、休息 よく寝る、(食べるな、動くな、寝てろ)、かな!

他にも 「笑って、唄って、踊る」や、瞑想も免疫力を高めると思います。

他には そうそう慈悲(慈愛、悲心)、利他心も免疫力を高めます。

私の中の我執、煩悩が減るのに反比例して幸福感が増えるからです。

 

今なぜ 中国発の悪玉ウイルスが猛威を振るい アメリカではインフルエンザウイルスが猛威を振るい、

日本では10月の間違った消費税アップによる景気後退に、ダブルパンチで中国の悪玉ウイルスでしょうか。

世界経済で1位、2位、3位、の経済大国が病気と経済において 大きな危機を迎えようとしています。

グローバル化の中で 世界中の人々もこの災害から逃れることはできません。

 

中国人、アメリカ人、日本人、世界の人々の拝金主義からくる悪しき我執、煩悩が 

世界のグローバル化で巨大となって

悪玉ウイルスの蔓延する状況を作り出したようにも思います。

 

微生物やウイルスは この物質界と霊界(意識界)の境界で生きています。

EM菌はペットボトルの中では霊界に住み、顕微鏡でその姿を見ることはできません

しかし寒天培地にその液を垂らすと たくさんの種類の微生物が姿を現すそうです。

もし寒天培地を人間に置き換えたら 悪い意識(我執)には悪玉菌や凶暴なウイルスが発生繁殖し

善なる意識(慈悲や利他心)には善玉菌、共生ウイルスが住み着くでしょう。

 

今の世界を苦と感じるなら それはウイルスが悪いのではなくて私たちの今の意識が作りだしています。

ウイルスを恐れても悪口を言ってもいけない、私たちの意識を変えることです。

昔、微生物について学んだことがあります。

そこの先生は自分が麹菌を培養する日は 「天気が良くて また 気分の良いときにする、

そうすると穏やかで良い麹菌ができる。」 と言っていました。

このように微生物やウイルスは微妙な世界に住んでいて 私たちの心を写す鏡にもなると思います。

 

とりあえず今は少しでも免疫力を上げることを実行しましょう。

 

 

 

2020年2月16日 (日)

思い出 5の2

・・・しばらくして、私の深い悲しみは慈しみの愛に変わりました。

無明ゆえに過ちを犯し続ける人類を含めて この地球上の命あるもの全てが

ただただ愛おしく感じました。とてもとてもいとおしいのです。

そして私は 和尚という存在の光がそれら衆生を、私の空っぽの身体を通して

照らすように祈りました。 全ての幸福を祈りました。

 

やがて私に安らぎが戻ってきました。十分安らいだ後、私は再び肉体に戻ろうと思いました。

その瞬間、それまで開いていた手はこぶしを握り 口の周りがまた強烈に痺れていました。 

肉体に戻ったという実感がわきました。

やがて 口の周りの痺れが消え、両手の拳だけになると 私は小指から1本ずつ伸ばしていきました。

この時、中指までは伸びましたが 人差し指と親指は少し開いて輪を作ると

それ以上は伸びません。  するとその両手が私の意志に関係なく勝手に動き始めました。

私はただ驚いて見ているだけです。 

それは胸の上まで来ると合わさって弥勒菩薩の印を結び、ゆっくり上昇して頭頂に達しました。

次にそれが下降をはじめて口元に来た時 私の口から息が3度その手の中に吹き込まれました。

その後 私の手のひらから強烈な気が風のように噴き出してきました。

私はその気の風を周り全てに届くように願って送りました。

 

しばらくして 突然今度は 丹田のチャクラに熱を伴った大量のエネルギーが

流れ込んできました。 それは風せんを破裂限界まで膨らます様な強烈なものでした。

チャクラの存在を実感させられました。

やがて、私の両手はハートと丹田の上で止まり、セッションは終わりました。

 

私は想像以上につかれていました。 そして、やっと起き上がった時、目の前の壁に掛けられた

大きな和尚の写真に気づき 私はその和尚の目をじっと見つめ続けました。

Dscn0772

そして、このヒーリングが和尚の臨在によって 直接導かれたのを私は感じました。

 

セッションが終わって外に出た私は 疲れをいやすために小さな森の木々の中でしばらく休みました。

その時 今回の旅仲間の一人が私を見つけて近寄ってきました。

そして 「S氏(伊勢の預言者)が、今日あなたに大きな体験があると言っていたよ!」

そう告げて去っていきました。

私がS氏と一緒に行動したのはコミューン1日目だけですから 彼女の能力凄いと思いました。

 

私は和尚が肉体を離れる時に 

「これから私のここでの臨在はより大きくなるだろう そのことに皆直ぐ気づくようになる」と言ったことが

真実であることを理解しました。

私はそのあと テイクサニヤス(和尚の弟子)して コミューンを去りました。

 

2020年2月14日 (金)

思い出 5

 昨年9月に始めた野風ムラ山林の間伐作業がやっと無事に終わりました。

Dscn0781

期間中に約250本の杉、ヒノキを伐採して素材として出荷できました。

間伐後の山林は明るくてスッキリするので とても気持ち良く感じます。

 

ところで 和尚コミューンでは瞑想の他にも様々なセラピーやヒーリングも行われています。

それらは瞑想を深める助けにも成るもので 個人やグループでのセッションがあります。

私もコミューン生活に慣れたところで 個人セッションを体験することにしました。

私が選んだのは受講料が安くて簡単そうな 呼吸法を使って行う「ブレス・ヒーリング」でした。

受講を申し込んだ翌日の朝 私は防音されて薄暗い小さなヒーリングルームに入りました。

そこには小柄できれいな西洋人女性のヒーラーと通訳の日本人女性が待っていました。

私は二人の女性を見て安心して このヒーラーにすべてを任せることにしました。

これから何が起こるのか 私は全く分からないままベットの上に寝て

ヒーラーの指示に従って肺呼吸を始めました。

この呼吸を続けていると何故か 私の両手と口の周りがしびれ始め それは

だんだんと強烈になっていき 呼吸がしずらくなりました。

それでもヒーラーに「続けて!」と言われて従っていると 彼女は私の胸や脇腹を軽く手で触れて

緊張がないのを確かめると「あなたのチャクラは今、ひらいています」と言いました。

その時、私自身 両手と口の周り以外は完全にリラックスしているのを感じていました。

私は自分の内側に緊張がないのを知って安心しました。 そして第三の目といわれる

額のチャクラに意識を集中しました。 すると、タイミングよくヒーラーの指先がその点にやさしく

触れてきて 私はその瞬間、安心してそこから光の世界に潜り込みました。

私が肉体を離れると、それまで強烈に痺れていた両手と口の周りは、不思議にも急に緩みました。

両手の固い握りこぶしはすっかり力が抜けて開いています。

私は光の世界で至福を感じながら、しばらく安らぎました。

 

しかし、やがて私に怒りのない激しい悲しみが湧きあがってきました。 それは地球的規模での

破局の危機が予見される今日の世界で 新世界を開く可能性を持った導師として人類が最も注目し

大切にすべき人物であった和尚を 無知で無明な人々が毒を盛って殺してしまったからです。

無明な群衆は二千年前のイエス同様にまた殺してしまったのです。

「なんということを!」 私の目からとめどなく涙があふれ出しました。

ヒーラーにも私が伝わっているのでしょう。 

彼女からも深い悲しみの声が漏れ聞こえてきました。

 

 

 

 

 

2020年2月 4日 (火)

思い出 4

和尚コミューンでの2日目からは各自 自由行動となりました。

私は毎日ホテルを出て歩いて5分程でコミューンに到着 

そして早朝の和尚霊廟での瞑想に始まり その後は1日中(夜まで)コミューン内に留まり

瞑想の大ホールで世界中から集まる人々と一緒に 和尚考案の数種類の瞑想を体験しました。

瞑想と瞑想の間には、食事や喫茶タイム コミューン内の散歩などゆっくり過ごします。

Dscn0759

ここでの瞑想はそれぞれ1時間の長さですが 瞑想している時の時間はとても短く感じるので

私にとっては朝食、喫茶、昼食、喫茶、夕食となにか一日中、食べているような感じでした。

この様に瞑想に浸って数日過ごしていると 私の内側もより静かで敏感になっていきました。

やがて私は皆と一緒の瞑想を減らして コミューン内にある数か所の小さな森の中で

木々に囲まれてひとり瞑想するようになりました。

私が和尚コミューンを訪れた目的は和尚のエネルギー(臨在)を直接感じてみたいからでした

(「悲しむことはない 苦痛になったこの肉体を離れることでより自由となり

ここでの私の臨在はより大きくなるだろう 皆そのことをすぐに気付くだろう」和尚)

そのエネルギーをここの木々たちが一番ピュアに保っていると思えたからです。

実際に木々に囲まれた静かな空間は、私に安らぎと和尚への思慕の念を強めてくれました。

こうして私は和尚コミューンにすっかり溶け込みました。

 

2020年2月 1日 (土)

「今、ここ」の大切さ

2日前から カフェ果林パン工房の屋根ふき替え作業を一人で始めて今日 完成しました。

Dscn0765-2

新しい屋根になって これから30年は大丈夫でしょう。

 

ところで 新型コロナ肺炎患者が2月1日現在で日本でも20名ほどに拡大しています。

世界では一万人を超えましたが この勢いで行くと2月8日で74万人、20日には1億4千万人近くまで

拡大する予想もあります。   今のところ致死率が低いのは幸いですが、 

経済やライフラインにも今後大きな影響が出てくる可能性もあり得ると思います。

多くの人々が不安(死)を感じて我執心があっちに飛びこっちに飛んで、パニック状態に成るかも

知れませんが(TVで放映されている 今の中国国内のその様な状況は酷いですね)

こんな時、私たちに必要なのは常に「今、ここ」に立ち戻ることだと思います。 

そして今できる最善を一つ一つより冷静に実践していくだけですね。

危機の時ほど「今、ここ」への気づきが大切だと思います。

さらにそこには利他心=おもいやりの心が土台としてあることが大切ですね。

危機の時 我さえよければと考えた行動すれば他者を害し 結局は自分も害します。

私の気づきの力と慈悲心が試される時かとも思います。

日本人は思いやりの心が強いので この危機が拡大しても乗り越えることが出来ますように。

、 

 

2020年1月28日 (火)

思い出 3

和尚コミューン内は外の世界に比べたら別世界で 

日本の神社で鳥居を潜ったとたんに空気感が一変するのと同じでした。

私たちは受付を済ませた後 S氏によってコミューン内を案内していただきました。

和尚が住んでいたハウス訪問では秘書をしていたアナンドが迎え入れてくれて

和尚の美しい大理石造りの寝室に入ることもできました。

そこはとても深い沈黙の質に満ちていました。 その沈黙の美しさは今も忘れられません。

和尚ハウスの後は 隣りにある和尚の遺骨が納められた霊廟?を見学しました。

Dscn0762

ここも言葉にできないくらい美しい大理石造りの空間で、

毎日早朝に希望者は瞑想する事ができる空間です。

Dscn0758

ここはコミューンの中で私が大好きな瞑想空間で和尚のお母さんも一緒に瞑想していました。

私達がこの霊廟を出て歩いていると一人のインド人の老女と出会いました。

S氏はすぐに彼女に近寄りハグをしました。  この女性が和尚のお母さんでした。

私は和尚には逢えませんが、思いがけなくお母さんに出会えたことに感動しました。

その後 私達がコミューン内の喫茶でコーヒーを飲んでくつろいでいると

日本人男性が近寄ってきて 手にした1枚の写真を見せてくれました。

それはダライ・ラマを映したキルリアン写真(オーラが撮れる)で

ダライ・ラマの目が金色になっていました。

S氏はそれを見て「光明を得ている人の目は黄金色に映ります」と伝えていました。

その写真は30分ほど前に写されたもので 私たちはニアミスでしたがダライ・ラマが

和尚コミューンをお忍びで訪ねてきていたのです。

初めての和尚コミューンで初日から色々と思いがけない体験をすることができました。

 

 

2020年1月26日 (日)

気になる 新型肺炎

 

昨年末から中国の武漢で発生しているコロナウイルスによる新型肺炎について

TVでも連日報道があっていますが 日本でも今現在3名の訪日中国人が感染で隔離されています。

私はこれまでTV情報を見て このウイルスは致死率3%ぐらいで低いし 

 あまり心配することもないかな?と思っていましたが

いつも見ているユーチューブの「チャンネル桜」番組を見て 大変心配になりました。

2月内には日本国内でもこの感染が大きくなっているかもしれません。

本当の情報が少ない今こそ 私たちはそれを知って自分や周囲の方々に注意喚起をして

感染予防に努めなければと思います。

「チャンネル桜」  興味があったら 36分あたりから覗いてみてください

www.youtube.com/watch?v=n-O3BIjwWLw

 

思い出 2

1993年の秋、私の中でインド和尚コミューンを訪れてみたいという思いが湧きあがりましたが、

その直後に偶然にしては出来過ぎの感じで 私はコミューンへの旅の参加者を募るチラシを手にしました。

それは購入した瞑想に関する小冊子の中に コピー用紙に手書き印刷されたもので、挟まれていました。

その差出人は伊勢に住む女性(預言者?)のS氏です。 

この方については「ノーマインド」という本の中で和尚によって語られています。

私はこれは招待状だと都合よく解釈して😃 すぐに参加を申し込みました。

旅の時期は 1994年1月16日から31日までの2週間です。

そしてこのツアーはS氏を含めて8名という小さなグループ旅になりました。

 

私たちは1月16日真夜中、目的地であるインドのプネーにあるホテルに到着し

翌日の朝、初めて和尚コミューンのゲートをくぐりました。

Dscn0738

        美しいコミューン内

中に入って私達が受付で入場の手続きをしている時、一人の日本人男性が時々首を横に

クッ、クッと振りながら近づいてきました。

そして私が初めて見るその大変わったオーラを放つ男性は S氏とは知り合いで色々と話しかけてきました。

話を聞きながら私は 彼が沖縄のミュージシャンである喜納昌吉であるのを知りました。

そんな彼が突然私に話を振ってきました 「あなたは どこから来た!」 

「熊本の阿蘇です」と答えると 「なぜ阿蘇の神が 伊勢の神とやってきた!」と聞き返されて

その奇抜な質問に私もさすがに「ウッ!」とつまり バカな返答をしていました。😵

そして思い出しました! 私が今回のインド旅を決めた直ぐ後に友達が 「沖縄の喜納昌吉も

同じ頃にコミューンに行くので、そのグループと一緒に行ったら楽しいかもよ!」というアドバイスです。

私は実際 喜納昌吉氏と会って「ア~ 一緒に来なくてよかった! 

きっと楽しくても騒々しい旅になっただろうな」と思いました。

とはいえ2日後、コミューン内の巨大な瞑想ホールで夜に開催された和尚セレブレーションでの

喜納昌吉グループのライブは、世界中から集まる瞑想仲間達を弾けさせるすごい盛り上がりで 

あらためて彼の強烈パワーに感動しました。

Dscn0752

  つづく

,

2020年1月24日 (金)

思い出 1

ここ10日間ほど我が家では、孫娘が保育園から菌をもらってきたのが始まりで 

インフルエンザではありませんが家族全員が風邪に罹り大変でした。 

子供達が保育園や学校に行き始めると 避けられない現象ですかね。

 

ところで1月19日は和尚ラジニーシが1990年、インドプネーにある和尚コミューンにて

59歳で肉体を離れた命日です。時のたつのは早いもので30年にもなります。

私は1994年1月16日から2週間このコミューンを訪れました。

Dscn0727

   ( 和尚コミューンのゲート )

その時の思い出というか体験を記してみたいと思います。

それはその時の体験と今の体験がシンクロしているように感じるからです。

私は1993年の秋頃に、インドの和尚コミューンを訪れてみたいという思いが湧きあがりました。

それは和尚が肉体を離れる直前、側にいて悲しんでいる弟子に向かって 

「 悲しむことはない、私は苦痛になったこの肉体を離れることでより自由になり、

ここでの私の臨在はさらに大きくなるだろう。皆そのことにすぐ気付くようになる 」

その様なことを言って去って行ったからです。

私はその和尚コミューンを訪れて直に和尚のエネルギーを感じてみたいと思いました。

・・・つづく

,

«慈悲心