フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月の記事

2012年4月29日 (日)

阿蘇 水と火

Dsc02560                 阿蘇涅槃像 (阿蘇)

           

               池山水源 (水)

Dsc02556

Dsc02557

Dsc02559

                 野風ムラ炭窯 (火)Dsc02561

Dsc02564

Dsc02566

野風ムラワークステイ中の壮君と 阿蘇「水と火」巡りをして来ました。

産山の池山水源は私が一番好きな水場です。

ここは最高に清らかな水の気(エネルギー)で満たされています。

阿蘇火口は激しい火のエネルギーに満ちたスポットです。

火といえば野風ムラでも今 炭焼きをしていますが

炭窯の中が今朝は200度を超え、

 中に詰め込んでいる炭木全体に火が入りました。

煙突からでる木酢を含んだ強い浄化作用のある煙は 

野風ムラのある地区全体を覆いました。

これは火の浄化ですね。

2012年4月26日 (木)

賑やかな空間

春が深まって野風ムラもなんだか賑やかになってきた。

昨夕は水を張った野風ムラの2カ所の田んぼに

美しいおしどり(夫婦)が二組舞い降りて 遊んでいました。

Kyuai2                (おしどりの写真から)

この様な風景を見るのは始めてで ちょっと感動でした。

今朝は昨日泊まった 修学旅行中の中学生の農業体験で

椎茸原木に椎茸菌の菌打ち作業をやって貰いました。

Dsc02550

炭焼き窯の火焚きは今日も一日続けていますが

温度上昇が微妙で 明日の朝には焼き上がることを期待しているところです。Dsc02548

今日は他にも 昼から もみ種を塩選した後に 温泉に持っていって浸しました。Dsc02551

Dsc02552

六月一日に種まきの予定です。

さらに他にも嬉しいことがありました。

それは今年もまた 野風ムラに日本蜜蜂が帰ってきてくれました。Dsc02553

しかも 用意してあった手作りの巣箱に この時期に入ってくれたので

今年は天然の百花蜂蜜が期待できそうです。

何か急に賑やかになってきた野風ムラです

2012年4月25日 (水)

炭焼き

今日は久しぶりに炭焼きに挑戦しています。

朝8時半に炭窯の焚き口に火を入れ 夕方の5時まで

焚き続けました。

Dsc02543

9時間焚いて 煙突口の温度は65度まで上がりましたが

炭を作るのに必要な温度は85度です。

明日の朝 もう一度火を入れ直して温度を上げる予定です。

Dsc02546

85度になると炭窯の中で炭化が始まり 焚き口の火は

止めても 温度がどんどん上がっていきます。

そして煙突の煙が透明になったら 窯を密封して酸素を絶ち

火を消すことで炭(黒炭)が出来上がります。

炭を炭窯から取り出せるのは1週間ほど先になりそうです。

久しぶりの炭焼きが成功しますように

2012年4月23日 (月)

田んぼの準備

今年も無農薬栽培25年目の米作りがスタート!!しました。

今日は天気も良くて 午前中 台湾人のウーファー、壮君と

一昨日に水を溜め荒しろ掻きしていた田んぼの畦塗りをしました。

畦塗り初体験の壮君もなんとか上手に鍬を使って塗れました。

Dsc02534

Dsc02535

米作りでこの様に田んぼに水を張るのは まだ一月程早いのですが

野風ムラでは無農薬栽培で除草剤も使用しないので

田植え前に雑草を一度生やして 田植え直前にもう一度 しろかきし

田植え後の草の発生を抑えます。

田植え後の草取りは6月中旬から7月始め頃になると思いますが

その時には別のウーファーさんが来てくれて 草取り助っ人してくれるかな??

昨年は大いに助かったので今から期待しています。 てか!

2012年4月22日 (日)

今日の野風ムラ

昨夜の浄化の嵐?が過ぎ 今日は朝から空気が凄く澄んでいて

野風ムラ周辺の緑(杉林)の景色がとても美しく見えた。

また 本格的な春の到来で 野風ムラの木々も新芽が一斉に出始めていて

それらを見ると大地から湧き立つ強い命のエネルギーを感じる。

今日は可憐なブルーベリーの花も咲き始めた。

Dsc02527

春一番のタンポポは既に白く丸い綿毛の種を着け始めている。

Dsc02531

花の根元に密がある春草も可憐な花を着けている

Dsc02533

ところで 野風ムラでは先日から 今年始めてのウーファーさんを

受け入れています。(ワーキングホリデ-みたいな?)

野風ムラは台湾の人達にも人気?があるようで 今来ている壮さん、

Dsc02525              米せんべい焼きに挑戦中!

そして 来月来る女性も台湾の人である。

それぞれに2週間ほど 野風ムラを体験して貰います。

 

 

2012年4月16日 (月)

春の野風ムラ

今日は昼過ぎに雨も予想されていたが 予報が外れて時々陽が射す

一日となった。

そして今は春の花盛りで 幾つか写真に撮ってみました。

(写真をクリックすると拡大)

Dsc02524                 ニラの花

Dsc02522                菜の花

Dsc02521                満開の山桜

Dsc02519               満開の木蓮

Dsc02516               ナラの木 新芽

ナラの木の新芽がとてもピュアで美しいです。

今日は夕方には九大の大学院を来春卒業する次男から

就職を決めたとの連絡があって 喜びが2倍になりました。

これでやっと 長かった子育ても卒業できそうです。

長女はパテシエ、長男は料理人(2人でカフェを経営) 

次男は会社で研究室(たぶん)  春、春かな?

2012年4月13日 (金)

野風ムラの桜

今年は春先が寒かったので 野風ムラの山桜は今やっと満開である。

Dsc02512

山桜の他にも河津桜、吉野桜、八重桜があるのだが 八重桜の開花は

まだまだ先である。

開花が一番早い河津桜は植えて2年目、まだ小さくて今年は花がつかなかった。

しかし4年目の吉野桜は嬉しいことに 今年始めて花が沢山ついて(今満開) 

桜の木らしくなってきました。

Dsc02511

来年はきっと花見が出来るくらいの桜に成長しそうです

そして数年後には野風ムラでは 河津桜から八重桜まで 桜の花を長い期間

楽しむことが出来るようになると思います。 楽しみです。

Dsc02507

ところで 今夜は我が家では四国の香川県から 修学旅行中の中学生が

田舎に泊まろう?体験で一泊中です。

4人の女子中学生で元気が良く 田舎を楽しんで貰っています。

今は温泉入りに連れていっています

今年は我が家では年間沢山の中学生が泊まり体験するのではと思います。

中学生は野風ムラではなくて自宅に泊めています。

Dsc02514_2

中学生にとってはきっと貴重な体験になるのでしょうね。

2012年4月12日 (木)

祈りは感謝

朝目覚めて寝室のカーテンを開けると 太陽が既に昇り始めていて

その光が眩しく射し込んで来る。

その様なときは 光を受けながら太陽に向かって ただ感謝の念が浮かび祈る。

地球上の全ての生き物が太陽無しでは生きられない。

この太陽は 数十億年の長きに渡って一日も欠かすことなく

この地球を照らし続けて 全ての命を育んでいる。

私達はただ生かされている。

インドの聖者 ナガールジュナ(龍樹菩薩)はこの世界を

「吉祥なる縁起世界」という言葉で表現しているそうです。

祈りとは感謝のことばですね。

「私達は世界の調和によって生かされている」この単純なことを忘れ

感謝の気持ちを失うと利他の心も失い苦がやって来ます

そう思います。

大切なものを失った世界↓じゃないでしょうか。

浅川氏のブログ

http://www.y-asakawa.com/Message2012-1/12-message27.htm

西洋資本主義の問題点

http://www.realinsight.co.jp/2012/report/0410report.pdf

 

2012年4月 7日 (土)

報道の自由?

以前、このブログに書いた「藻類から石油生産」。

筑波大学の渡辺教授が研究開発を進めている石油生産法である。

http://tsukubascience.com/seibutsu/sourui_ga_sekai_wo_kaeru/

このニュースはエネルギー資源小国の日本にとって

大手マスコミも大きく取り扱っても良さそうなものだが

現実はそうなっていない・・・ような?。

国家プロジェクトにしても良いようなことがらだと思うのですけど

大手マスコミも政治も経済界も・・・??です。

ところが やはり筑波大研究で藻類を使った放射能除去法については

多くのマスコミが報じているようである。

http://www.yomiuri.co.jp/feature/20110316-866921/news/20120402-OYT1T01276.htm

石油生産では世界的な石油利権の影響(圧力)が働いているからでしょうか。

自分(マスコミ)にとって都合がいいときだけの「報道の自由!」では

いけませんね。

。 

ところで話は変わりますが 今日、野風ムラの畑にはカボチャの種をまきました。

Dsc02506

夏に収穫できるのが今から楽しみです。

2012年4月 5日 (木)

がれき処理の嘘

311震災のがれき処理について以前にも日記に書きましたが

その嘘について ↓

アニメで説明解りやすいですね。

http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-1694.html  

アニメ以外にも↓

 https://docs.google.com/viewer?url=http://fileman.rakurakuhp.net/UserFiles/6513/File/1332732362.pdf

2012年4月 4日 (水)

禊ぎの風?

今回の春の嵐は台風並みの強風ですね。

野風ムラも昨日の午前中は 風雨が強かったのですが

この風をもたらした低気圧は 九州から東北北海道に向かって

さらにその勢力(気圧低下)を増しながら

日本列島縦断で北上しています。

まるで日本列島を禊ぎの風が吹いているようです。

禊ぎの後は新鮮な世界が現れるのかも知れませんね。

きっとそうなって欲しいと思います。

ところで 私がいつも愛読している「ロシア政治経済ジャーナル」の

北野氏が紹介しているメルマガがとても素晴らしいので

ここに紹介します。

興味ある方は読んでみてください。

http://www.realinsight.co.jp/2012/

中のユーチューブは必見です。

日本からそろそろ何かが動き始める予感がしています。

ここで思い出すのが

アインシュタインの予言ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・

近代日本の発達ほど、世界を驚かしたものはない。
この驚異的な発展には、他の国と異なる何ものかがなくてはならない。
果たせるかなこの国の、三千年の歴史がそれであった。
この長い歴史を通して、一系の天皇をいただいているということが、今日の日本をあらせしめたのである。
私はこのような尊い国が、世界に一カ所位なくてはならないと考えていた。
なぜならば世界の未来は進むだけ進み、その間幾度か戦いは繰り返されて、最後には戦いに疲れる時がくる。
その時人類はまことの平和を求めて、世界的な盟主を挙げねばならない。
この世界の盟主なるものは、武力や金力ではなく、凡ゆる国の歴史を抜き越えた、最も古くまた尊い家柄ではなくてはならぬ。
世界の文化はアジアに始まって、アジアに帰る。
それはアジアの高峰、日本に立ち戻らねばならない。
吾々は神に感謝する、吾々に日本という尊い国を、作って置いてくれたことを

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2012年4月 1日 (日)

春の小川

近頃はすっかり春めいて 野風ムラの側を流れる小川も

春らしくキラキラ輝き、サラサラと軽やかな音を立てながら流れています。

Dsc02498  

川岸でこの清らかな水の気をしばらく浴びた後

野風ムラに上がると急に視界が広がり 静かで暖かい開放感のある

優しい気に包まれて自然と幸福感がおとずれます。

意識がよりクリアーになると 周りの景色もよりクリアーに見えるようになって

足下の沢山の草花が目に留まり その美しさに引き込まれました。

Dsc02497

Dsc02495

Dsc02492

Dsc02493

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »