フォト
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月の記事

2012年7月27日 (金)

森づくり

Dsc01834

10年ほど前 何かに導かれるように「森づくり」に関心を持ちました。

その時のことは http://homepage3.nifty.com/k-kozi/newpage10.html

今回の九州豪雨では特に阿蘇谷で 記録的な集中豪雨で

土砂災害による多数の犠牲者がでてしまいました。

今もその復興作業が続けられています。

土砂災害は山崩れによるものが殆どで マスコミでもその写真がアップされています。

この写真で特徴的なのが 杉、桧の人工林から崩壊が始まっていることです。

杉の根はとても貧弱で 特に手入れされていない杉山の杉は 直径2メートル

位の根っこしかありません。

この根には土を掴む力がありませんので 大雨が降れば山の崩壊に直ぐ繋がります。

阿蘇外輪内側の急斜面には本来は根が広く張る 広葉樹でなければなりません。

そこに杉、桧を植えたら 強度間伐による針広混交の森づくりが必要です。

しかし現実は 間伐遅れの手入れ不足林が広がっています。

今回の被害は大雨が引き金ではありますが 本当の原因は人工林の荒廃にあると

思っています。

山男であれば直ぐ解ることですが 学者達は地質のことを考えたり 

治山ダムを作ることにエネルギーを注ぎそうです。

何時になったら こんな単純なことに気づくのでしょうかね。

2012年7月25日 (水)

久しぶりに良い天気

長かった梅雨が空けたが その後数日は昼過ににわか雨が降る日が続いていました。

しかし今日は 一日雨もなく久しぶりの良い天気でした。

夏本番ですね!

野風ムラの野菜達も順調に成長しています。

Dsc02788              稲は順調、赤トンボも沢山発生(孵化)しています。

Dsc02793

Dsc02790             カボチャの初収穫 ホクホクして美味しいです。

Dsc02791               スイカも実が着いて今は卵大の大きさです。

Dsc02792               メロンも実が着き始めました。

Dsc02794                トマトも色付き始めました。

Dsc02796               里芋も土の中で生長しているかな?

Dsc02797             蜜蜂達が野菜の受粉を手伝ってくれています。

自然界は相互依存による調和した命溢れる(愛の)世界です。

2012年7月21日 (土)

押戸石 岩戸開き

昨年 このブログで「天の岩戸?開き」と題して書いたことがありました。

今 その日記を振り返って見たら9月11日でした。

http://yafumura.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-d9fc.html

その日から10ヶ月が経ちましたが その時の私の思いは

実現に向かって確実に進みつつある様に思います。

そして2ヶ月後の9月頃には 押戸石岩戸開きがスタートするでしょう。 

Dsc01424

Dsc02685

Dsc02695

ところで先日、九州は記録的な大雨で大きな被害を受けて 今も復興作業が続いています。

今日はその被害の大きさから 野田総理も阿蘇市に被害視察で訪れています。

今回の災害では小国郷は幸いにも、平年並み梅雨末期の雨量で被害を受けませんでした。

阿蘇市は昨日も行って来ましたが ほんとに大きな被害です。

阿蘇市だけでなく 小国郷を取り巻く多くの市町村が集中豪雨による

大きな水害を受けました。

小国郷が難を逃れたのが少し不思議に感じるほどです。

野風ムラを流れる川は大雨で川底も綺麗になり 

水による浄化を感じさせます。

押戸石丘を中心とする小国郷は 丘の上から見たとき 

そこは 自然と人の共生したワールドです。

Dsc02778

Dsc01937 

広大な草原は1万年以上 地元民による毎年の春の野焼きで保たれ

広大な森林は間伐による手入れで保たれています。

この広大な景色の中に人々の暮らしや建物は見えず 

縄文ワールドが今もそのままに残っています。

押戸石を中心とする小国郷全体がパワースッポットかも知れません。

ここが 新しい時代の「世界の聖地」になりますように

Dsc02780   

2012年7月18日 (水)

日本人としての誇り

私達は日本人としての誇りを取り戻したいものです。

ユーチューブを昨夜から色々と見ています。

1,日本は大きな国だった  面白い?

http://www.youtube.com/watch?v=TSVg2WEqrNU&feature=related

2,日本人は誇りを持っても良い

http://www.youtube.com/watch?v=8R1GGjOKluE&feature=player_embedded

3,合気道 塩田剛三  世界に誇れる武道

http://www.youtube.com/watch?v=tSdd2801G20&feature=related

2012年7月17日 (火)

やらせが好き?

将来の原発の方向性を決める為に

国民の意見聴取会が開かれているが

その出だしから 早速 原子力村の人々が大好きな「やらせ」

まがいなことをこの会でもまた懲りずにやっている様に思います

http://mainichi.jp/select/news/20120716k0000m010044000c.html?inb=yt

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120716-OYT1T00705.htm

九州電力のやらせ事件の教訓を忘れてしまったのでしょうかね?

だとしたら原子力発電利権に群がる政、官、学、業、・・の村人達は

ほんとにたちが悪いです。

自分たちの利権を守るのに必死なのは判らないでもありませんが

ちょっと度が過ぎているようにも思います。

電力会社の人だったら自分から 発言者に選ばれたことを辞退するくらいの

ことするのが常識でしょう。

国民を愚弄してはいけません。 とつい思ってしまいました。

2012年7月14日 (土)

梅雨も峠を越したかな

毎年 梅雨時期になると 何故か場所を選んだように

ひとつの地域に集中して雨が降り 大きな災害が発生するように思います。

九州ではそれがその年々によって 奄美であったり鹿児島であったり あるいは宮崎、

熊本南部、長崎、大分 、・・・であったりします。

しかし今年の集中豪雨は少し違っているようです。

先週 大分の耶馬渓辺りから日田市にかけての集中豪雨被害は 大変なものでした。

それで今年の梅雨の集中豪雨は日田市中心で終わるのかなと

思っていたのですが 一昨日の竹田、産山、阿蘇市、熊本市で集中豪雨が発生して

その被害は 日田被害を上回る大変なものでした。

そして今朝は さらに佐賀や福岡八女、日田、朝倉と大きな被害が発生したようです。

まるで小国郷を囲むように周りの地域が被害を受けました。

野風ムラのある私の地区は幸いにも 川の増水は今朝が最高でしたが

殆ど被害もなく 雨が過ぎ去りました。

この結果は地形の関係もあるのかも知れません。

さらに 筑後川の最上流で水の始まりの小さな川しかないこともあって

被害が割と少ないこともあると思います。

水害を受けた地域の人々は その後片づけが 予想以上に大変ですが

とにかく一日も早く復興してもらいたいと思っています。

明日から天気も曇り空が多くなりそうで 梅雨の峠が過ぎることを願っています。

早く野風ムラにも太陽が戻ってきて欲しい。

Dsc02787

2012年7月12日 (木)

大雨情報

(野風ムラの大雨情報です)

梅雨末期で九州では大雨が降っています。

先日は日田市が河川の氾濫で 大きな被害がでて大変でした

そして 今朝は熊本では特に阿蘇、菊池方面が大雨で災害が発生しています。

野風ムラのある小国郷は幸いに 心配するほどの大雨ではありませんでした。

それでも昨夜は一晩中 雨の中 稲光と雷鳴が響いていて

よく眠れませんでした。

阿蘇市乙姫では昨日の降り始めから雨量が500ミリを

越えているようで 凄い集中豪雨だったようです。

TVニュースを見て 心配のTELを多くの方から頂きありがとうございました。

2012年7月11日 (水)

ご先祖様?

我が家の先祖を姓(河津)で遡っていくと 

興味ある出来事に辿り着きます

それが あるブログに詳しく書かれていました。

「曾我兄弟の敵討ち」 http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-601.html

小国郷は平安時代には京都の公家の所領地であったらしくて

鎌倉時代になると鎌倉幕府の直轄地でした。

小国郷の多くの姓もその時 鎌倉や伊豆方面から北条氏の家臣として

やって来たようです。

河津姓も伊豆の河津町辺りから だと思っています。

日本人は先祖を数十代遡れば皆 同じ先祖になりそうですから 

 先祖の話は意味無いことかも知れませんけどね。

ところで今日は ロシア人のユーリアが次のファームステイ先に

旅立ちました。  彼女がステイ中、あまり情報のないロシアについても  

沢山教えて貰えて良い交流になりました。

Dsc02772

2012年7月10日 (火)

回れ右!

時代の価値観が「回れ右!」すれば

「先行く者が後になり、後行く者が先になる」

今が正にその転換点にあるのかも知れないと思っています。

Dsc02780

現世界を産み出した西洋文明の根底にあるのは

「自然」と「神とその子 人」との対立だと思います。

人は自然を唯物的に捉えることで 自然科学を発達させて

人にとって衣食住全てに便利な社会を組み立ててきました。

そのエネルギー分野では 現代人の力量ではまだ扱ってはいけないと思える

原子力発電にも 絶対安全だとウソ吹きながら手を出し、

事故が起きてからは 「想定外の事だった!」と言い訳しています。

311の事故が起きて その反省もしっかりなされていないのに

大飯原発が再開されました。 今日のニュースではその冷却海水取り入れ口に

想定外の大量クラゲが浮遊していて 影響が懸念されていました。

そして原発再稼働に前のめりの政府高官が 汚いオーラを出しながら

「クラゲごときに 影響を受けるような原発ではない」様なことを発言していました。

このどうしようもない奢りが さらなる悲劇に繋がりかねないと 思いました。

現代社会の最先端を行く者とは 原子力村の住人達かも知れませんね。

他にも金融村もありそうですが。

そして 私がとても象徴的だと今感じているのは

前にも書いた 押戸石の丘レイラインです。Googleearth_

押戸石の夏至の太陽の道を辿ると 西には金峰山の拝み石巨石群があり

東に辿ると岐阜南宮神社、金山巨石群、諏訪神社、日光東照宮、福島原発

となります。   

押戸石レイラインの最東に原子力村の象徴、原子力発電があります。

私は昨年 「押戸石」岩戸開き宣言 てな日記を書きました。

それは 「押戸石の丘と阿蘇小国郷」が 自然と人の共生した新しい世界 

の聖地になれる可能性があると思っての宣言です。

Dsc02778

今年の8月か9月 個人的には9月11日が良いと思っていますが

押戸石の岩戸開きになればと期待しているところです。

先日の熊日新聞に阿蘇の草原は これまで「千年の草原」として

平安時代から毎年の野焼きで維持されてきたとされていたが

実際には縄文時代から「一万年の草原」であるとの記事が載っていました。

押戸石の丘に立てば 人と自然の共生の世界を感じることが出来ると思います。

時代が「回れ右した時」 西の果てに「押戸石の丘」があります。

今日 押戸石に登ったとき メイン石の側で縄文土器の破片を発見しました。

Dsc02782

これもここが縄文の聖地であったことの証明に繋がるのかも知れません。

とにかく これから世界の人々の価値観が 自然との対立から共生へと

変化してもらいたいと思います。

10年もすれば 大きく変わっているような予感が少しあります。

 

  

2012年7月 7日 (土)

紫陽花と蜜蜂

野風ムラの紫陽花はガクアジサイです。

今年は梅雨らしい梅雨で 梅雨の花あじさいも綺麗に咲いてくれました。

Dsc02768

Dsc02769

日本ミツバチの巣も5月に比べて ずいぶん大きくなっています。

Dsc02612               5月の巣箱の中

Dsc02766                今日の巣箱の中

中の巣が大きくなって蜜蜂の数も沢山増えています。

紫陽花の密もきっと集密してくれていることでしょう。

秋になったら蜜蜂さんが不眠不休で集めた百花密! 半分頂きます

2012年7月 6日 (金)

梅雨の合間に

今年の阿蘇小国郷の梅雨は その中休みが殆ど無くて雨がだらだらと

よく降っている。

それで家の中も湿度が上がって カビが発生しやすくなっています。

我が家は野風ムラも含めて10棟ほどあるので 今は一台ある除湿器が

使い回しでフル稼働中である。 

その様な中で 昨日は時々雨も降るが

久しぶりに太陽が姿を見せてくれていたので

ワークステイ中のユーリアを軽トラに乗せ 阿蘇の観光スポット巡りをしました。

まずは「鍋が滝」から・・ この滝では梅雨で水量が増していて

普段見る滝とは違って迫力があり 始めて滝を見たユーリアは大変感動していました。

Dsc02756

Dsc02753

その後 池山水源や阿蘇山など・・巡りました。

Dsc02758

Dsc027611

1日巡って面白かったのは 私達が各スッポットに着くと雨が上がって

陽が射してくれたことです。  阿蘇火口見学でもその間雲が晴れて

火口の湯だまりを見ることが出来ました。

その後 大観望、押戸石を巡ってカフェ果林でお茶タイム。

店にいたお客さんも入れて写真を一枚。

Dsc02762_2

  弾ける笑顔!何が可笑しいの?

笑顔だから何でも良いっか

Dsc02763

               梅雨でも稲の成長は続いています。

2012年7月 3日 (火)

ピザ焼き

九州は梅雨末期で今日は大雨になっています。

野風ムラのある小国郷は幸いにも

それほどの雨量ではなくて 今のところ大丈夫ですが

今週1週間は要注意です。

毎日天気が悪くて太陽が恋しくなっています。

昨夜は韓国からの泊まり客が 私の地区で20名ほど農家民泊したので

野風ムラでも7名の客を受け入れました。

それで 夕食にピザも出すことにし、4時頃からピザ作りを 

 ワークステイ中のロシア人ユーリアにも手伝って貰って挑戦しました。

Dsc02750

上手くピザ生地もできて 美味しいピザが焼けたので 

韓国人にも美味しそうに食べて貰えました。

ピザ焼きにもこれで自信がつきました

(焼き上がったピザの写真取り忘れた!)

秋には娘の「カフェ果林」がオープンカフェを野風ムラで

開く予定でいるので その時はまたピザを焼くつもりです。

、 

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »