フォト
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月の記事

2012年10月31日 (水)

風穴?2

日本海側のメタンハイドレート発見について

NHK他、全てのマスコミが今回大きく取りあげましたが

その姿勢はどこかおかしいですね

なかなか真実を伝えることができない マスゴミと言われても仕方ないところが

目立つような気がします。

メタンハイドレート記事に対する青山繁晴氏の話↓

1,http://www.youtube.com/watch?v=j0bx55Qh39c&feature=player_embedded

2,http://www.youtube.com/watch?v=fvLxXhECWoo&feature=player_embedded

インターネットで多くの情報に触れることが出来るようになって 

私達もその様なマスゴミ情報に騙されることが 少なくなることは良いことですね。

2012年10月30日 (火)

風穴が開いたか?

今年6月にこのブログで「資源大国日本」を書きましたが

http://yafumura.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-7567.html

あれから4ヶ月!
エネルギーの利権問題などで メタンハイドレード開発が
 
もしかしたら進まないかもしれないと心配していました。
しかし、今朝の新聞一面に「海底下数メートル、個体メタン」
日本海、オホーツク海で発見(採掘容易)」との
記事が日本地図入りで出ていました。
Dsc03034
6月に青山繁晴氏が示した佐渡島すぐ南の海域は入っていませんが
今回は このメタンはイドレードの存在が 大きくマスコミで
発表されたことで 多くの国民がこのエネルギーを知ることになり
日本の新エネルギー開発の風穴が開いたような気がします。
これに 藻から作る石油生産が進めば
近い将来、日本は資源エネルギー大国となる可能性大です。
今年 脱原発に舵が切られたことで 政治、経済界も
原発利権をあきらめ始めたのでしょうか。
日本が一日も早く 「自給自足の自立した大国」に成ることを
願います。  そして 自然と人の共生する新時代を
日本から創造できたら最高ですね。
ところで今夜は 押戸石の丘では黒川温泉から
お客さんを招いて満月会です。
,
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Dsc03037  お客さんが来る前に 一人押戸石に登り 祭壇石に満月水用の水を置くと 急に今日始めての満月が雲間から輝き出てきた。 ちょっと不思議感覚!
Dsc03038 駐車場横に4日前に完成した 草泊まり小屋 押戸石メイン石と同じ大きさである。
中では これを作った地元老人青年団?が10名ほど落成の宴会中!
Dsc03039 草泊まり小屋をバックに黒川温泉からのお客さんと地元NPOメンバー。
ちょっとピンぼけしてしまいました ごめんなさい
満月水 皆さんに飲んで貰いました。  内側からも浄化されたかな?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私もその案内人として丘に登ります。
エネルギーの高い満月水を作って参加者に飲んでもらうつもりです。
「押戸石が世間に開かれるとき 世界は変わる」
そう成ってもらいたい!!

2012年10月26日 (金)

農家体験泊

今年最後の 中学生農家体験泊受け入れが 今日無事に終わりましたホッ!

北九州の男子中学生4名が 野風ムラで2泊3日の体験泊でした。

元気の良い子供達で 畑仕事やせんべい作り、魚釣り、その他色々と手伝ってくれました。

Dsc03018               ブルーベリー畑でチップのマルチ作業

2日目の午前中から子供達が 「小国がメッチャ気に入った! 帰りたくね~!!」

を連発していました。

都会の子供達にとって田舎の生活は興味深いことばかりのようです。

犬嫌いな子も犬アレルギーがあると言っていた子も 滞在中に

野風ムラの中学生大好きの犬達に(散歩してくれる)すっかり癒されて

Dsc022271   

帰っていきました。良かった

子供達にとってほんとに「るんるん体験泊だったようです」

今夜はそれぞれの家庭で農家体験の話しが盛り上がっているかな?

2012年10月22日 (月)

今日の野風ムラ、、

野風ムラの木々が朝日を受けて 美しく輝いていたので

早速デジカメで撮ってみました。

Dsc03008

Dsc03009

その後、今日は、近くの建設業者からチップ屑を

軽トラック7台ほどもらって来て ブルーベリーの畑に入れました。

畑全面に10㎝ほどの厚さに広げることで 今後数年は除草効果と

土の乾燥防止に役立ちます。

1台分は広げずに残しましたがそれは  明後日に受け入れ予定の

中学生の農業体験泊での 彼らの仕事用です

Dsc03014

Dsc03015

Dsc03017

2012年10月18日 (木)

秋の日

晴の秋の日

秋祭り&水巡り

Dsc02995                 小国 遊水郷 「カッパ滝」

Dsc03000        遊水郷 川底は9万年前の阿蘇山大爆発火砕流による溶結岩

Dsc03002              産山 池山水源 毎分30㌧の湧水量

Dsc03004_2      池山水源 水源に足を踏み入れると急に純水の波動が伝わってきます。

Dsc03007                   小国両神社 秋の例大祭

2012年10月14日 (日)

稲刈り

今年も野風ムラでは稲刈りを終了することが出来ました。

収量も昨年より多くて 1年を通じて順調な生育でした。Dsc02991

Dsc02993

Dsc02994                                 軽トラックに収穫モミを積み込む

我が家では 玄米食をしているので 早速新米に切り替えました。

新米を食べていると思うだけで より美味しく思ってしまいます。

毎年のことながら 稲刈りが終わると一年の農作業が終わった気がして

ホッとします。

今年も無事に一年が終わりました・・・まだ早い!!

 

2012年10月10日 (水)

朝食

今朝の我が家の食べ放題 朝食アップ

Dsc02980

息子が焼いた石窯パン、野風ムラ自家製の蜜蜂百花密、ブルーベリージャム、

栗ジャム、栗渋皮煮、果物ヨーグルト和え、春菊・大根葉・大根、ふきの佃煮、

キュウリとワカメのマヨネーズ和え、ゴーヤ、昆布、大根摺り・・

Dsc02981

野風ムラ、無農薬自然栽培25年の米で 「ビックリ水焚き」玄米ご飯!

に自家製味噌を使った味噌汁。 自家製茶。   

ちょっと贅沢でしょうか

、 

2012年10月 8日 (月)

カフェ果林 in野風ムラ!

今日は「カフェ果林」が始めて 野風ムラで青空カフェを開きました。

何事も  「始めて!」はどの様な結果になるのか予想がつかず

不安がつきまといます

今回の「青空カフェin野風ムラ」でも 今年に限って野風ムラの近くに

二つ、黄色スズメバチの大きな巣があって 野風ムラまでその蜂が

頻繁にやってくるので 直前までカフェ開店を断念しようかちょっと悩みました。

しかし 数日前に友達にその二つの巣を退治して貰い 

何とかオープンすることが出来ました。

Dsc02983

Dsc02986

Dsc02989

Dsc02988_2

Dsc02990                  石窯でピザ焼きまくりの息子

ただ その為に積極的に青空カフェの宣伝をしなかったので

どれくらいお客さんが来てくれるのか カフェオープンまでとても心配でした。

私は「たぶん 国道から離れた山の中にある野風ムラだから 10名~

20名程かもと思っていました」

しかし 11時オープンから30分もしたら次々と駐車場に車が入ってきて

閉店の5時近くまで 10台収容の駐車場がずっと一杯でした。

予想以上のお客さんの来店で 長女、長男がカフェ果林をオープンして4年目、

沢山のカフェ果林のファンがいることを知って とても嬉しかったです。

私と妻、子供達 それにワークステイ中の木村君、5人で昼食も忘れて

お客さん対応をしました。 

結果、宣伝しなくて良かった パニクルところでした!!

来春になったら 2回目の「青空カフェ果林in野風ムラ」を開くことになると思います。

、 

2012年10月 6日 (土)

共同作業

今日は地区の共同作業でした。

作業内容は牧野道のコンクリート舗装です。

毎年 10㌧ミキサー車2台のコンクリートを打っています。

Dsc02969                  ユンボでまず道を整える

Dsc02972         生コンが柔らかい内に素早く 皆で広げます。

Dsc02973             毎年こうやってコンクリート舗装が伸びていきます。

ところで明日8日は 野風ムラでカフェ果林の青空カフェです。

ピザやケーキを青空の下で食べていただきます。

お客さんどのくらい来てくれるかな? 楽しみ!!

2012年10月 2日 (火)

自然の結末

例えば 子供が共同生活(家庭、学校、社会など)の中でその維持に

不適切な行動をとるとき周りの友達や大人は それを辞めて適切な行動が

とれるように、いろんなアドバイスをすると思います。

しかし それらのアドバイスを無視して その不適切な行動をとり続けるなら

最終的にはその行動による自然の結末(痛い)を味わって貰うことで

自分の行動の不適切さを悟り 適切な行動がとれるように

成って貰う必要があると思います。

これはきっと 悲しいことですが国レベルでも同じことかも知れませんね。

最近騒がしい 対韓、対中の領土問題による 両国の反日教育を基礎とした

国民的抗日運動の感情的な盛り上がり。

それを見て今回思ったのはこの抗日運動は

これからもずっと続きそうだということです。

何か解決方法はないのでしょうか?

やっぱり自然の結末を体験して貰うことでしょうか??

「ねずさんのひとりごとブログ」↓を見てそんなことを考えました。

http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1655.html

ところで10月になりました。 昨日1日に9月いっぱい野風ムラステイしていた

台湾人の葉さんが次のステイ先である鹿児島に午前中に出発しました。

そして 午後には新しい今度は日本人のウーファさんが野風ムラに到着!

これから2週間ほど野風ムラ体験ステイです。

10月も色々と忙しい日々が続きそうです。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »