フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月の記事

2013年6月27日 (木)

田の草取り

今日は 我が家の合鴨さんと2連式手押し草取り機 2台を使って

田の草取りをしました。

Cimg8377               無農薬27年目?の田んぼの草取り作業

今年2度目! 今回で田の草取りは終了です。

二人で一度に4列の草取りが出来るので 仕事が捗りました。

後は秋の収穫です。

2013年6月26日 (水)

良い知らせ

昨日 今春に大学を卒業して京都に就職した次男あてに

学生奨学金制度本部からの封書が届きました。

息子に送るべきか 中身を確認したら 嬉しいことにそれは

大学院での成績優良による奨学金半分免除の嬉しい知らせでした。

Cimg8374_2
               あまり見ることのない通知ですね。

息子ながら凄いな~と思ってしまいました。

小学生のころから私も妻も一度も 「勉強しなさい」とか言ったことがないのですが

(子供たちが勉強するかしないかは 私の課題ではないと思っていたので

遊びは一緒によくしましたが!

家族とテレビ見ながらもいつも教科書を広げていたのが印象に残っています。

勉強する子はするんですね!

ところで スポーツ系だった長女、長男は カフェ果林をやっていますが

7月になったら店を1週間閉めて 二人でフランス旅を予定しています。

ノルマンディにある「オーベルジュ ペイザンヌ」という農場を訪ねるみたいです。

http://ecofarm-atelier.com/auberge/

このオベルジュ(宿とレストラン)は野風ムラの目指すところを先取りしているので

子供たちもいっぱい学ぶところがあるのではないかと 期待しています。

帰ってからの展開が楽しみです。

2013年6月23日 (日)

梅うめぇ~

近頃 我が家では梅々?しています。

Cimg8375  赤のビンは果林のお客さんから頂いた梅酒 (大量)

  青のビンはカリカリ梅

一週間前 収穫された青梅8キロを今年もまた

 カリカリ梅としてビンに漬け込みました。

それを早くも毎食時に食べていますが 1日で15個ぐらい食べるので

(家族では40個?) 8キロの梅もすぐに無くなりそうです

それに娘が「カフェ果林」のお客さんから頂いた

美味しい梅酒も毎日夕食時に飲んでいます。

今年の梅雨は梅々しています。

お客さんからは嬉しいことに他にも果実酒も頂きました。

Cimg8376
      むかご酒、スモモ酒、プルーン酒、ザクロ酒、?酒 、味比べが楽しみです。

2013年6月21日 (金)

私の愛読書

私の愛読書は インドの聖者「和尚ラジニーシ」の講話本

「信心銘」 禅文化研究所発行です。

講話の内容は禅の三祖、僧璨(そうさん)の「信心銘(しんじんめい)」と呼ばれる

経文についての和尚の解説講話です。

僧璨(そうさん)の「信心銘」経文について 和尚ラジニーシは

「これらの言葉は、原子の力を秘めている。エネルギーに満ち溢れている。

光明を得た人が何かを語れば、その言葉は必ず種になる。

そして数百万年の長きに亙って、その言葉は種としてとどまり、

ハートを探し求める。」と語ります。

光明を得た和尚ラジニーシが 同じく光明を得た僧璨が残した

唯一の言葉(経文)「信心銘」について語ったこの書は 私のハートにも

倍加して強く響きます。

・・・・・・・・・

一、(大いなる道)

僧璨禅師は言った

「大いなる道は難しくない、

選り好みをしなければよいだけだ。

愛も憎しみもなければ、

すべては明瞭で、隠されたものとてもない。

だが、ほんの僅かな区別でもすれば、

天と地は無限に離れる。

だから,真理を見たいと願うなら、

いいとか、駄目だとかの意見をもたぬことだ。

好きと嫌いの葛藤、

これが心の病だ。」

もしあなたに準備があり、土壌となる用意が出来ているなら、この言葉は、

この途方もない力を秘めた僧璨の言葉は、まだ生きている。

もしあなたが許すなら、種であるその言葉はあなたのハートに入り込み、

それを通してあなたはまったく別な存在になるだろう。(和尚)

・・・・・・・・・・・・・・・・・

2013年6月18日 (火)

栗の葉巻虫

昨日 栗の木の下に落ちていた葉巻を開いてみました。

Cimg8372
 1 最右 栗の葉の先端に葉巻虫の1ミリほどの黄色い卵が1個産み付けられています。

 2 葉の主葉脈に沿ってすぐ横に噛み傷を入れて 葉元を少しずらして折ってあります。

 3 次に先端から卵が中心にあるように丁寧にその葉を巻いています。

 4 葉をきれいに巻き終わったら 少しずらしていた葉を折り返して 葉巻が巻き戻らないように しっかり止めています。

そして 作業が終わったら栗の木の枝から葉巻を地面に切り落とします。

全ての葉巻が職人技を見るように 折り返しのついた綺麗な葉巻です。

小さな虫が・・・ただ驚きです。

2013年6月17日 (月)

栗の花

標高500メートルにある野風ムラは今 栗の花盛りです。

Cimg8369
      今冬に強剪定した栗の木にも 沢山の花が付いています。

昨年の栗の花は長さが短くて 花数も少なめでしたが

今年は長い花が付いていて しかも天気が良いので 受粉も順調です。

秋には豊作になりそうです。

近頃 この栗の木の下には丸まった栗の葉が幾つも落ちています。

Cimg8367

葉巻虫?が一枚の栗の葉の先端に 1個の卵を産み付けて

それを守るために丁寧に葉を丸めた後 枝から切り離して

地上に落としたものです。

この葉巻を手に取って見ると その精巧さには驚きます。

今日はそれを詳しく写真に撮らなかったので 明日アップしたいと思います。

ところで 昨日は田の草取りをしました。

16アールの田んぼを 昨年購入した「手押し2連草取機」で 一人で3時間かかりました。

Cimg8366

約2週間後に もう1回草取りしたら 今年の田の草取りは終了です。

  

2013年6月14日 (金)

森の復活

20年前の野風ムラには ほとんど木が育っていませんでした。

あったのは5~6本の栗の木と川沿いの竹林のみで とても殺風景でした。

そのころ 私は縁あって瞑想に深く目覚め それまでの利潤追求の生き方から

自然と共生した生き方に転換しました。

それと同時に 私は野風ムラ内に様々な木々を毎年 植林してきました。

その数はこれまでに500~600本にもなっていると思います。

そして始めのころに植えた木はすでに20メートルほどの樹高になっています。

約20年で 野風ムラに森が復活しました。

Dsc02228

,

Dsc02309_2

森の復活で鳥や昆虫 落ち葉の下の超天文学的数の生き物達、植物の多様化

等々。 犬も4匹いて  野風ムラが「命溢れる賑やかな場」となりました。 

それと同時に 野風ムラを訪れる人も増えつつあり 私の子供たちも

この命溢れる場に 惹かれて来年は帰ってくることになるかもしれません。

森の復活は 新しい村づくりの挑戦でもあると 思います。

近代文明は森を破壊しながら成長してきました それが行き詰りつつある今

次の新しい文明は森の復活に 繋がるものだと思います。

野風ムラの森の復活でそのことをより強く感じているところです。

私が以前書いた森の復活? ↓

http://homepage3.nifty.com/k-kozi/newpage11.html

 

 

2013年6月11日 (火)

ちょっと覗き見

野風ムラの畑と蜜蜂達 ちょっと覗き見

今年もかぼちゃが順調に育っています。

収穫目標は100個越えです。

Cimg8358               

約50本あるブルーベリーもその多くが実をつけています。

沢山ブルーベリージャムが出来ますように!!

Cimg8360

蜜蜂の巣箱の中も覗いてみました。

活発に動いていますが お尻の黒い蜂もいてちょっと心配。

蜜の盗賊蜂なんだろうか・・よく判らない。

秋に蜜を沢山採密出来ますように!!

Cimg8361


2013年6月 8日 (土)

頑張る蜜蜂達

昨年4月28日 野風ムラに野生の日本蜜蜂がやって来て

9月末には 5リットルもの蜂蜜を採蜜することが出来ました。

そして 今年も4月28日から1~2週間の間に さらに3群の日本蜜蜂が

野風ムラに住み着いてくれました。

6月になりそれらの蜜蜂達は毎日 元気に自然界の花の蜜集めに頑張っています。

今年の9月にはまた 沢山の「百花蜜」を採蜜出来るだろうと思っています。

Cimg8354               第1巣箱 野風ムラ2年目の蜜蜂達 

Cimg8356
            第2巣箱 今年最初にやって来たミツバチ群 重箱式巣箱です。

         巣箱の中の巣はその先端がすでに上から3段目まで届いています。

Cimg8357              第3巣箱 この巣箱の日本蜜蜂達もとても活発です。

           6月中にはもう一段巣箱を足す必要があると思っています。

 

Cimg8355_2            第4巣箱 今年最後にやって来たミツバチ群です。

            今のところ蜜蜂の数が一番少ないですが 

           これからしっかり増えていくと思います。

9月末に採蜜予定ですが その時は一番上の重箱を切り取って

その中の 蜜をいただきます。 








        

2013年6月 2日 (日)

田植え

今年も野風ムラの田植えを 歩行用田植え機を使って

無事に終わりました。

Cimg8352
         今年の田植えは3名のウーファーさんにも手伝ってもらいました。

これからは水管理と 2週間後と4週間後の2回の

田の草取りで秋の収穫を迎えることになります。

今年も豊作でありますように!

ところで ユーチューブの討論番組の紹介

「米中による東アジア管理!??」

マスコミのニュースでは聞くことのできないような 内容じゃないかなと思います。

1/3 http://www.youtube.com/watch?v=6jhOCjMpDhs

2/3 http://www.youtube.com/watch?v=v4NRWEGEfqk&feature=youtu.be

もうひとつ反日盛んな国家についても。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=5UA6hOV8dlk

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »