フォト
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月の記事

2017年1月31日 (火)

人生の流れ 6

一昨日 ここ10年以上私が主にお世話ししてきた 百歳になる叔母が老衰で亡くなり、

今日までに葬儀も さらに役所への最後の各種手続きも済ませることができた。

これまでに 父、母、叔父、叔母と4人を妻の助けも借りて見送りできました。

 何時になるか分かりませんが順番からすれば、次は 私が見送られることになります。

人生うまく流れている様です。

ところで前回 35歳で安全から安心追及の人生に転換したことを記しましたが、

仕事も大転換しました。

それは 牛飼いをやめて 無農薬無化学肥料による安心して食べられる

作物(米や野菜、果樹)栽培農業です。

Dsc019991           自然農法で米つくり  田の草取り

さらに 陶芸にも挑戦して「小国焼き 翔平窯」を開窯しました。

Toki1               小国焼き 翔平窯

またこの年から7年ほどは 地域おこしにも仲間と一緒に全力を尽くしました。

Dsc002021             私の地区の農家民泊 視察一行




2017年1月28日 (土)

人生の流れ 5

34才で安全追求から安心追求の人生へ舵を切りました。

私は仕事に牧場経営を選び より豊かな物、金のある暮らし(安全追求)を

求めて、21才から34歳まで 世間の生を生きましたが この間も17才の時の体験で

座禅への興味を持ち続けていました。

そのような中で28才の頃 町に移住してきて瞑想会をやっている方と出会い 

私もその会で瞑想を始めました。

瞑想体験の深まりとともに 私は安全追及(世間の生)への興味が薄まり 

替わって安心追求(瞑想の生)への興味が勝るようになりました。

そして34才の時 ついにそれまでの生き方を大きく転換しました。

この転換点で 私はインド旅を仲間と体験し、さらにそれまでの瞑想会も卒業し

2年後にはインドの聖者、和尚ラジニーシのコミューンを訪れて その弟子となりました。

Img003           最初のインド旅 写真はネパールのチベット仏教寺院

Img004        私が和尚ラジニーシの弟子となった直後 ホテルで仲間に祝ってもらう




 

 

2017年1月25日 (水)

久しぶりの温泉旅

一昨日 何年ぶりだろう?妻と1泊で温泉旅に行ってきました。

旅と言っても車で1時間半ほどで行ける 近場の別府温泉ですけどね。

数日前にインターネットで(おいしい料理と温泉の)割烹旅館を予約して 泊ってきました。

久しぶりにゆっくり寛ぐことができました。

他にこの旅では 車で40分ほど先にある宇佐市の宇佐八幡神宮参拝にも行ってきました。

宇佐神宮についてはほとんど知識なく行きましたが 本当にすばらしい神社で、

特に上宮はスカッとした清清しい気に満ちていて感動しました。

Photo                宇佐八幡神社の上宮


ここは神仏習合の始まりの宮だそうで また昨年7月宗像でチベット仏教のワークに

参加しましたが、そこにある宗像神社の三女神と同じ女神も祀られていて嬉しく思いました

宇佐八幡宮について↓

http://www.usajinguu.com/lineage.html

私は3月にチベット僧のリトリートにも参加予定でいますが  今回の宇佐神宮参拝は

私の人生の流れの中で偶然ではなく 必然のことだったようにも感じています。

3月のワークがますます楽しみです。 

2017年1月22日 (日)

人生の流れ 4

前にアメリカ体験を記しましたが、

米国から帰国して我が家に戻ると 私はすぐに肉用牛経営に取り組みました。

目標は企業的経営の確立!

Img002               25歳頃の私と牧場 (ここ今の野風ムラ)

21才、学びの生が終わって いよいよ世間の生の始まりです。

飼育1頭から始めて 34歳のときには常時130頭飼育の経営になっていました。

経営に全力を注ぎ込むことで 14年で目標に限りなく近づくことが出来ました。

達成感を得た私は 順調な肉用牛牧場経営を突然やめて新しい生を始めました。    

 

2017年1月18日 (水)

人生の流れ 3

高校を卒業するとクラスの幾人かは東京の大学に進学したが 私ともう一人の友は

アメリカに当時大蔵省派遣事業である農業研修生として2年間行くことになりました。

40年以上前のことで まだ海外渡航が珍しいころでした。

そのアメリカでは1年半を農場研修で残り半年はネブラスカ大学での(畜産)学びでしたが、

私が配属された農場(ALVORD RANCH)は オレゴン州にある9万ヘクタールもある

大自然の中の肉用牛牧場でした。 私はアメリカの大地のエネルギーにもろに包まれて

一年半を過ごすことができました。

当時8歳だった農場主の息子が 今は農場主となり ↓の動画で見ることができます。

      https://www.youtube.com/watch?v=tOoYzxWe9uk

    ↓ アルボード 牧場の写真

   http://www.shinanatu.com/LifeInTheWest/Alvord-ranch/

アメリカ体験は良き青春の思い出となりました。

2017年1月14日 (土)

人生の流れ 2

前に続き、17歳のときのもうひとつの悟り体験がある・・と思っています。

私はそのとき農業高校で学んでいましたがその3年間は、高校の敷地内にある学生寮で

過ごしました。そんなある日の夕方、学校の農園内を一人散歩中にビニールハウスの中を

覗いたとき そこには地上に芽を出したばかりの新緑の美しいスイカの双葉が

夕日に照らされて、たくさん出揃っていました。 

私はそのあまりにも純で命に溢れた美しい光景に我を忘れて見入ってしまいました。

そのようにして我が落ちた瞬間 悟りがやって来ました。 

「この世界は命を育む愛「調和」に溢れている」という確信です。そして

このことにまったくの信頼を置いて明け渡しができる者が その溢れる愛に包まれて

安心の中で強く美しく生きることができると思いました。

この様にして より良き人生の流れに乗れたら幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

後に瞑想で出会った 和尚ラジニーシの言葉

~ 和尚の言葉から ~

 

死や将来の不安におびえているならば、それはたんに、あなたの瞑想には深みが足りないことを意味する。

今こそ、誠実に、そして真剣に、瞑想に入っていくべきときだ。 ただ瞑想の空間だけが、あなたを、死、老い、病気への恐怖から解放するのだから。

瞑想により、あなたは、自分が肉体でもなく、マインドでもなく、また、この生に限られたものでもなく、自分は永遠の生であることを知るだろう。

死はこれまでに何回も起こった。だが、あなたは今も生きている。これからもまた、死は何回も起きるだろう。 そしてそれでも、あなたはなお生きているだろう。

 

瞑想がもたらす究極の結論はこれだ ーーー すなわち、瞬間をトータルに、強烈に嬉々として生きること。

なぜなら、恐れるものは何もない、死さえも虚構なのだから。どんな確実さや安全を求める必要もない。鳥たちが、あるいは木々がそうしているように、全存在を信頼し、瞬間から瞬間を生きなさい。

自分を存在から分離させずに、その一部となりなさい。 そうすれば、存在はあなたを養ってくれる。存在は今でも、あなたを養っている。

 

あなたは広大な存在の一部だ。自分は切り離されていると考えるのをやめなさい。そうすれば、即座に、あなたの問題は消滅する。 言い換えれば、あなたのエゴが、唯一の問題だ。 「私はある」、それが唯一の問題だ。 

「私はいない。存在だけがある」、それが唯一の解決だ。

 

 

2017年1月12日 (木)

私の人生の流れ 1

人生は流れがあって面白いと言うか 興味深い 私も人生終末期(63歳)?になって

そう思います。私は自分の死もすでに受け入れているので、 残りの人生何年あるかは

知らないけれどしっかり余裕で生きます。 

ところで17歳のある日、10歳から始めた剣道で黙想中に一つの悟りを得ました。

それは剣道の試合で勝つ秘訣は 「勝ちたい負けたくない」という我欲を離れること

そればかりでなく さらにその我からも離れることで勝負それじたいを落とすことです。

後に残るのは「勝つかもしれない負けるかもしれない」と言うリラックスした平常心です。

この悟りの中で試合に臨んだ時 剣道8段で師範の先生から 試合後に

「お前は試合のコツをつかんだな」と言われましたが 私の驚きはそのことを先生が

試合での私の動きから察知したことのほうでした。

この悟り体験からその後私は 座禅(禅)(無我の境地)に興味を抱くようになりました。

 

2017年1月 1日 (日)

新たな始まり

新春!!

2017年元旦 朝から快晴で新たな1年が始まりました。

今年は私の人生でも大きな新たなる始まり(転機)の年となるように思っています。

ここ数年間は ほんとに目まぐるしくて忙しい事々の連続でしたが、それらを

昨年末までにすべて、お蔭様にて無事にクリアーできました。

そして今年の元旦は 久しぶりに不思議なくらいに穏やかな正月を迎えられています。

今朝は 起きてすぐに神仏への新年の挨拶から始まりました。

004                 我が家の仏壇 (阿弥陀如来)

002               神棚 (天照大神、産土神、天川弁財天・・)

006               私のチベット仏教瞑想処の如来、諸菩薩


今年の目標は 本格的?に「仏教徒(神仏混交ですが)として生き始める!」ことです。

今回残りの人生 チベット仏教と神道を少しでも深く学ぶことで 世の為人の為、

生き切ることが出来たら幸いだと思っています。

3月にチベット僧から直接 チベット仏教を学ぶ予定にしていますので そこが転換期

になることを期待しています。

私が学びたいチベット仏教 ↓

http://garchen.sakura.ne.jp/

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »