フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月の記事

2017年7月24日 (月)

マスコミによるクーデター

↑と言う タイトルの文書が私がたまに訪れる精神界サイトにありました。

今ほとんどの日本のマスコミが偏向報道で 安倍内閣打倒で動いているようです。

偏向報道でもっとも顕著なのが 各局のニュースワイドショーで あまりにもそれが

見え見えです。 しかし 情報元がそれらテレビ新聞だけのおばちゃんやおじちゃんは

特にあっさりと洗脳されてしまいがちです。 第二次安倍内閣も前回と同じくまた

マスコミの不正な権力で倒されかねませんね。 マスコミの裏には消費税値上げを

目論む財務省の影もありそうです。 怖い・・・ 。

これから数ヶ月で日本の未来が大きく左右されることになるかもしれません。

「光文書」ブログ ↓

http://www.godbrain.com/gb/letter/ 

2017年7月21日 (金)

正しい?死に方

今日は仕事中に動画を見ていたが その一つに終末期医療についてのものがあり

とても興味深かった。 

自分が終末期になり 実際に死がすぐそばまで近づいた時 

そこで受ける 終末期医療については元気な時から私達は しっかり考えて

対策しておくことが とても大切だと思いました。

私の理想は「ピンピン コロリ」な死に方ですが 現在は延命技術の進歩で

死に直面した時に流れに任せていては 死にたくても死ねなくて さらに

その間に 不必要に大きな苦しみを味わうことになります。

私はすでに自分の死に方については 痛み止めは使ってもらうけど 

その他の延命措置は点滴も含めて 受けないことを書いたものを

妻に預けています。 それはその時になって担当医者に見せるためのものです。

日本の医療界もこれから この方向にどんどん進んでもらいたいし たぶん

そうなって行くように感じます。

「終末期医療のあり方について」 ↓ (プライムニュース 最新2017年7月19日)

https://www.youtube.com/watch?v=ZdIBMFpMuz0

ところで私はチベット仏教を学んでいます そこでは輪廻転生は常識と言うか事実です。

人は死んだら ほとんど全てがまた 死後49日以内に生まれ変わるそうです。

生まれ変わっても前世の行いで 人に生まれ変わる保障はありませんけど!

虫や犬さんになったり 最悪地獄に行ったり!!

人として生まれ変わるために いま善業を積まねば

でないと来世もチベット仏教の修行が続けられない

一番の目標は解脱して 輪廻を脱することですけどね。

結局 死と生は連続していますので 死ぬ時に延命治療で苦しんでも

少しでも長生きしようというのは 私的にはお断りです。

2017年7月20日 (木)

日々洗い流す

日々何を私は洗い流すかと言えば それは体と心の汚れです。

ところで 今日は九州北部も梅雨明け宣言となりました。 

夏本番を迎え 日中は暑くてさらに湿度が高い日が続いています。

 野外の仕事では 直ぐに汗まみれ状態になってしまいます。 

それで近頃は毎日のように、昼間はシャワーを浴びて 夜にもお風呂に入って 

体の汗と汚れを洗い流して就寝します。

そして 朝目が覚めたら そのまま布団の端に座って瞑想を始めます。

その瞑想はチベット瞑想の一つで 「金剛さった浄化法」と言うものです。

頭上に金剛さった菩薩をはっきりイメージし この菩薩の胸から放たれた光が

衆生を浄めて金剛サッタの境地に至らしめ 

光はそれらを集めて菩薩に再び戻ってきます。

O0437060312315067121

金剛サッタの中でその光はミルクの様な甘露となって 御足の拇指から流れ出て

頭頂から私の体の中に入ってきます。 この甘露には強い浄化力があり

体内を流れ下ることで 私の悪業罪障が下から煙や液のごとく流れ出ます。

(近頃、TV見たりするとマスコミの安倍政権倒閣のための 明らかな偏向報道など

目立つので 怒りの感情が湧いたり いろいろと日々悪業罪障が溜まります。)

下まで達した甘露は再び上に昇りながら 私の体全体を包み込みます。

真言を唱えながらこの様にイメージし それを繰り返します。

朝起きて30分ほどこの浄化法を行います。

日々 一度は体と心の汚れを洗い流す生き方 続けられたら良いなと思っています。

夕方には仕事場の瞑想ハウスで他のチベット瞑想も 毎日を目標にがんばっています。   

2017年7月14日 (金)

森の復活を願う

以下は15年前の私の日記です。

・・・・・・・・・・・・・・・

2002年 9月

今日、9月25日は僕の誕生日です  

年月の経つのは早いもので49才になってしまいました  
ところで、49才の誕生日というのは 僕にとっては特別な思いがあります

      それはインドの和尚ラジニーシが、「人生は7年周期で巡っている」と言いましたが確かに、自分の人生を振り返ってみてもその通りになっているからです。

      7才で学校での学びの生が始まり、14才になると精神世界にも関心を持つようになりました。   21才アメリカでの2年間の農業研修を最後に学びの生が終わり、牧場経営者としての世間の生が始まりました。  

 28才で結婚して家庭を持つことになりました。    35才順調だった経営を突然やめ、瞑想の生が始まりました、仕事は陶芸と自然農法の農業になりました。

      42才瞑想の深まりの中インドでサニヤスを受けました。 また、アドラー心理学と出会い、アドラーによる子育てを始めました。

そして今日、7×7=49の新しい7年周期が始まります  僕は今年になって、今回はどんな展開があるのか人ごとのようにワクワクしながら待っていました。 

 これまでがいつもそうだったからです。  それは何かの偶然の出会いや、直感が降りてくることによって始まります。

そして今回もそれは、直感としてやって来ました。  それは 「森づくり」 です。   

今僕には約20000坪のスギ、ヒノキの持ち山がありますが、これをこれから7年かけて森の景色に育てたいと思います

森づくりを通していろんな出会い、発見、があるのではと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この直感からくる思いは 私と時を同じくして 森作りの大切さを感じている人との

出会い(福井の鋸谷氏、東京の大内氏、故松岡農林大臣)によって

直ぐに実現に向かって進み始めました。

そのポイントは杉,桧の手入れ不足で荒れた人工林を 

広葉樹と共生する「針広混交の森」に変えていくものです。

その為には 林内に沢山の「太陽の光」を呼び込む必要があります。

その方法は杉、桧を強度に間伐することです。

林地に太陽光が当たれば 何もしなくても沢山の種類の広葉樹が自然発生して

 林は命溢れる森へと成長をはじめます。

広葉樹は根が広く、深く張り大地や岩もしっかり掴みますが 荒れた針葉樹の木の根は

特別に狭く、浅いので大地を掴む力が無く 大雨が降れば山ごと崩れます。

今回の九州の豪雨災害が杉、桧の流木で大きくなった要因でもあります。

TVに映る崩壊現場の杉山は手入れ不足で間伐されていないモヤシ林です。

私が目指した森づくりは縁あって 2008年頃に第一次安倍内閣で「美しい森作り」として

閣議決定され 全国展開しましたが まだまだ不十分です。

今は第二次安倍内閣です。 日本の国土、人命を守るために さらに予算を投入し

加速して 森の復活を進めてもらいたいと願っています。

Yafunomori0851        野風ムラの森  この杉を次回の間伐で半分にすれば そのままで

 100年後、200年後も「針広混交の美しい森」の姿を保っていると思います。

急斜面の人工林は この方法か全伐してそのまま自然林に戻すことです。

九州であれば20年後には広葉樹の森が復活していると思います。

 

 

 

2017年7月 9日 (日)

ねずさんのブログ

私は 「ねずさんのひとりごと」と言うブログが好きで ときどき見ています。

この方の穏やかさと その語る大和心についてとても共感できるからです。

今の日本は近くの二国を除けば、世界の多くの国から好感を得られていると思います。

また、 日本を訪れる外国人観光客は急増し(数年前に1千万人に届いてなかったのが

3千万人に近づいている)ていて 日本ブームが起きています。

さらに 2020年には東京オリンピックも開催されますから 

今後ますますその数は増えてくると思われます。

これから世界が日本を本当に注目する宝は何か?

このことについて 興味ある方は ↓ ブログ覗いて見てください.。

http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3444.html

「歴史の転換点を目撃する人とは」

2017年7月 3日 (月)

アジサイの頃

アジサイの季節、野風ムラでも私の好きなガクアジサイが花開いています。

004                少し控えめな自己主張?が大好きです。

この季節、畑のかぼちゃも成長して沢山実をつけ、大きくなってきました。

002_3
001_2              このカボチャ もう直ぐ収穫できそうです。   

1本ある葡萄の木 今年も沢山の実がついています。

003
自然からいつも沢山の恵みをいただいています。 感謝!感謝!

ところで今日は内孫「あおい」ちゃんの日明の祝いをしました。

007                料理材料のほとんどが自家産物です。

008                                 名古屋のご両親にも参加いただきました
















« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »