フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月の記事

2018年11月29日 (木)

今月の19日~21日(月~水) 2泊3日で京都を妻と旅をしてきました。

出発前の天気予報では 京都は曇り一時雨の3日間で心配しましたが 実際には

初日から少し晴れ間もあり 2,3日目は晴天となって 良い旅になりました。

旅の行き先は 初日がまず比叡山、 ケーブルカーに乗り紅葉を見ながら延暦寺へ!

004

最澄が開いたこの寺のお御堂の中には かつてこの修行場で学んだ有名僧達の

(道元、臨在、栄西、法然、親鸞等々)、御影が掲げられていました。

今尚 仏教の聖地としてのエネルギーが感じられる場所でした。

現代日本仏教各宗派の源と言って良いのかも知れません。

次に我が家の信仰宗派である 浄土真宗東本願寺へ!  京都駅すぐ側にあるが

この寺に着いたのが夕方になり お御堂に入ったが 仏前の幕が降ろされていて

親鸞の御影にも阿弥陀仏にも逢えず でっかい建物だけを見ることに。

がっかり感もあってか エネルギーもまったく感じられず残念。

2日目は 早朝から遠出して 京都駅から3時間半かかって、空海の高野山へ! 

ここは比叡山以上に大変な山奥で 高野山に近づくほどに標高が高くなり

周りの空気も冷たく澄んできて 聖地に近づいている感があって良かった。

高野山町に着き 直ぐに弘法大師がおられる奥の院に向かう。

奥の院手前1キロくらいから 墓所と大木の杉並木の参道をゆっくり歩いたが

028
奥の院の手前300メートル程から 急に空気感(エネルギー)がパワーアップしたのを

妻と一緒に感じながら 奥の院の弘法大師の前で御参りできました。

奥の院ではその直ぐ裏にある大木の杉木立空間に 聖地パワーを感じました。

高野山 ほんとにエネルギーの高い所ですね。

3日目は 京都御所へ ここの空間は ただ素晴らしい! 

033
来年は平成の時代が終わり 新しい御代が始まります。

明治以来の150年の時代が 大きく変わる象徴の年となる気がします。

世界の人々は日本の素晴らしさにより注目するようになります。、

日本人は戦後に植えつけられた自虐史観 から卒業することになります。

そうなったら嬉しいです。

京都御所見学が終わり 初日にエネルギーが感じられなかった東本願寺を

今回の旅の終わりにもう一度 訪れました。

036
縁は不思議なものですね!! 11月21日~28日は東本願寺の一大仏事である

宗祖親鸞聖人の月命日(11月28日)報恩講だそうで その初日でした。

私達がお御堂の前に着くと 制服を着た数百人の 子どもたちが集まっていて

中に入っていきました。

私達もその後に入りましたが その生徒たちは東本願寺大谷中学生と高校生で

した。 生徒たちは報恩講の初日でお参りに来ていたのです。

生徒たちが唱えるお経の声は とても澄んでいて まるで西洋の賛美歌 の

ようにも聞こえて感動しながら 私達も一緒にお参りできました。

今日は仏間も開かれていて とても良いエネルギーを感じられました。

2泊3日のプチ京都旅でしたが 最後まで良い流れに乗った旅ができました。

 

 

 

2018年11月16日 (金)

晩秋

11月も中旬になり 野風ムラの紅葉も過ぎようとしていますが、

沢山あるモミジが年々大きくなっているので  紅葉の鮮やかさも年々増しています。

006

野風ムラの紅葉樹は ケヤキ、コナラ、くぬぎ、イチョウ等があり 

モミジは約60本あります。         

きっと4~5年後には ちょっとした紅葉スポットポとして 完成しそうです!!

また今月3日までに 2ヶ月かけて 山の間伐作業も無事に終わりました。

ここ数日は 日本ミツバチ用の巣箱作りをしています。

今回は箱型の巣箱で 8箱作る予定で 来春に何箱ミツバチが宿ってくれるか

今から楽しみです。

010


ちなみに 今年は3箱で9リットルの日本ミツバチ「百花蜜」を採蜜できました。

 

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »