フォト
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月の記事

2019年5月16日 (木)

えびせんべい焼き

野風ムラでは 20年ほど前から 仕事の一つにせんべいも焼いています。

始まりは、無農薬自家生産米を使用した米せんべいでしたが その後

地域特産のジャージー牛乳と小麦粉を利用した牛乳せんべいも焼き始めました。 

両方共に人気商品というか 有難いことに売り出し当初から順調に売り上げを伸ばすことが出来ました。 

地域内の物産館や黒川温泉等の売店で 主に観光客相手に販売してきましたが ここ数年

客層の変化で(外国人観光客が多くなる)売り上げが落ちてきました。

そこで考えたのが新商品の開発です。(10日ほど前ですが)

今回は「塩味のせんべい」が良いと思って 馬鈴薯でんぷんを使った「えびせんべい」を焼くことにしました。

簡単に新商品を焼くことが出来るだろうと思っていましたが 初めて挑戦するでんぷん粉はなかなか難しい!

結局 どうにか商品になりそうな「えびせんべい」を焼き上げるのに 4日かかりました。

Dscn0444

Dscn0445

昨年のNHKの朝ドラで インスタントラーメンの開発の苦労が演じられていましたが 

今回、私もちょっとその気分になって楽しみました。 

作る過程では 失敗が続いて悩み、苦しみもありますが 成功に向かってワクワク感もあり楽しいものです。

001_1

ところで 「山の中でなんで「えびせん」焼くの?」 と言われそうでもありますが 

「そうね~、 息子の嫁さんが海老せんで有名な名古屋から来てくれているので  これも縁かな!😵」 でどうでしょう。

新商品が出来るのは良いが売れるかな?

 

 

 

2019年5月 8日 (水)

日本蜜蜂

5月も10日近くになり 日本蜜蜂の分蜂もそろそろ ピークを終わろうとしているようです。

今年の冬は これまでになく暖かかったので例年より2週間程 早くから分蜂が始まりました。

今回は巣箱を9箱新しく追加して 分蜂蜜蜂が入るのを期待していましたが

1週間前に一つの箱にやって来て住み着いてくれました。

しかしその後は 蜜蜂が飛んで来ないので 諦めかけていましたが 

一昨日から次々に分蜂した蜜蜂が巣箱に入ってくれました。

005_2

(巣箱に入ったばかりの日本蜜蜂です、動画も撮ったがここに貼り付け出来なくて残念)

結果 今のところ新しく5個の巣箱に日本蜜蜂が住み着いてくれて、

昨年までの3個と合せて 現在8個の巣箱に蜜蜂が入っています。

今月中に後2箱増え10箱になるのを期待しています。

秋になって野風ムラ産 日本蜜蜂の百花蜜が何リットル採蜜出来るか?楽しみです。

今年は「日本蜜蜂の里」南小国づくりに仲間たちと挑戦しているので 

私も相当貢献できそうです。

数日後には「阿蘇の草原を守る会」から 大学教授も参加して私の日本蜜蜂巣箱の

見学も予定されていて 「阿蘇の草原と日本蜜蜂」をテーマに令和元年の新しい展開が始まるかも??

 

 

2019年5月 3日 (金)

新緑の季節

前回記事から20日ほど過ぎて 野風ムラの木々はすっかり新緑で覆われています。

035

稲の育苗も順調に芽が出て 若葉緑になっています。

いよいよ農作業シーズンの始まりです。

今年は10日間の大型連休 カフェ果林も沢山のお客さんで毎日忙しい日が続いている。

ありがたいことです。😖
 

私の久しぶりの陶芸挑戦も連休に入って 2回本焼きをしました。

昔の感は残っていて 何とか失敗せずに焼くことが出来ました。

009_1

私の窯の名前は「翔平窯」ですが 由来は平成元年に始めたので 平成に翔くようにと名づけました。

そして つい3日前に新しい御世 「令和」時代が始まり 早速始めての窯焼きとなりました。

013

渦巻き鉄絵 変形鉢

028

トマト灰釉薬 茶碗 

10年ほど休んでいた陶芸 これからまたぼちぼちと再挑戦します。

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »