フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« チベット仏教リトリートまで1週間 | トップページ | 夢の成就その1 »

2019年7月 3日 (水)

チベット仏教リトリート1

Buddhaweeklychenrezigavalokitesvarawitht

観音菩薩、白ターラ、緑ターラ、頭上に阿弥陀如来

 

6月28日から7月2日まで京都の堀川通りの直ぐ近くにある

臨済宗興聖寺さんの方丈(会場)で開かれた チベット仏教リトリートに参加させていただきました。

今回は有り難い事に リトリートの運営スタッフもさせてもらったので期間中、

その準備や参加者へのお世話役などもあって リトリートに早朝から夜遅くまでどっぷり浸かった

充実した日々を過ごさせてもらいました。

勉強以外でも体力と気を使うことで 私にはかなりハードなリトリートになりましたが

その分 強く記憶に残るリトリートになるのでとてもありがたいことです。

 

今回は 83歳になられるガルチェン・リンポチェさま 、付き添いの2人のリンポチェ、さらにはドルジェン・リンポチェの

4人のチベット僧の方々と空間を共にする ほんとに貴重で濃密な時間となりました。

ガルチェン・リンポチェさまの法話は 期間を通して 私にはひとつのことを語られているように感じました。

それは 私達には我執があり それが因となって身体をつくりだし 一切苦であるこの輪廻世界をさ迷い続けている。

この苦界から離れるには我執(自利)を消滅させる必要があり その為には慈悲心を大きく大きく育てての利他が大切である。

そしていつか 我執(我、無明)の消滅と同時に本来の自分(不二の智慧、仏性,光明)に帰り着くことになる。

リンポチェは単純明快に私が菩提(悟り)を得る方法を繰り返し教えてくれたように 私は聞きました。

006

 

今回私はガルチェン・リンポチェさまを間近に見て感じることで リンポチェが不二の智慧に居ることをはっきり確信しました。

そのことにより リンポチェさまへの根本ラマとしての信仰、リンポチェのご本尊 白ターラ菩薩への信仰が私の中で確立しました。

ありがたい チベット仏教リトリートとなりました。 感謝!!

004

 

 

 

 

 

« チベット仏教リトリートまで1週間 | トップページ | 夢の成就その1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チベット仏教リトリートまで1週間 | トップページ | 夢の成就その1 »