フォト
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 聖者のことば | トップページ | 山仕事 »

2019年9月17日 (火)

善き友遠方より来たる

今日は連休中 しかも天気が良かったので 野風ムラの「カフェ果林」も

多くのお客さんで賑わいました。

私が拾った栗を使った 娘手作りのマロンケーキは早々に売り切れたようで

明日も一番人気のケーキになりそうです。

美しい自然の中で美味しいものを食べることが出来る 癒し空間を提供できて幸せです。

 

ところで先日 (遠方と言うには近すぎるかな?。)  鹿児島から 30年ほど前に「農援隊」いう組織をつくり

共に活動していたリーダーと仲間,2人が 久しぶりに野風ムラを一泊で訪れてくれました。

善き友遠方より来るで 夜には私の仲間も一緒にバーベキューをしながら楽しく語らいました。

 

当時は私も血気盛んで 幕末の坂本竜馬の「海援隊」ならぬ「農援隊」を立ち上げることで、

九州の農民意識変革から始め やがては日本全体を変革して行くんだ!との彼の熱い夢に共感し活動していました。

リーダーのK氏はカリスマ性を持ったスケールの大きい人物で (男が男に惚れるといった感じ)

もしかしたら西郷隆盛ってこんな人だった?と思ったくらいです。

その彼はハーバード大学を卒業して世界旅(アジアシルクロード)を経た後 故郷である鹿児島の田舎から活動を始めました。

まず農民の意識変革のとりかかりとして 異文化交流事業を始めました。 

それは鹿児島県内の農家に外国人(留学生など)をホームステイさせることで ステイ中に異文化の交わりから起こる

さまざまなハプニングや共感、笑い、涙、思いやり それらの熱い体験は農民達の心に火をともし 世界への広い視野と自信も

芽生えるという意識の変革を起こしました。

現在は田舎でも外国人は珍しくありませんが 当時は田舎では出会うことは皆無でしたから その体験は強烈だったと思います。

そしてこの頃 このK氏と彼に感化された仲間数名が縁あって 私が瞑想を学んでいた先生に会う目的で

わが町にやって来ました。 私は当時 百姓仲間と「町おこし」に熱く取り組んでいたので その面会に同席しました。

この出会いが始まりで 私と仲間数人がK氏の行動に共感して 活動に参加交流することになりました。

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 聖者のことば | トップページ | 山仕事 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 聖者のことば | トップページ | 山仕事 »