フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 眠り | トップページ | 新年 »

2019年12月19日 (木)

誕生

先週 地区の同級生仲間たち(9人)とレンタカーを借りて 鹿児島に1泊で旅をしてきました。

出発と同時に車の中でビールで乾杯! 途中の昼食では食べ放題のレストラン!

夜は料亭で芋焼酎で乾杯!!  私は普段は小食なのに、皆に合わせようと飲み食いしたので

翌日は朝から 胃のもたれ、胃痛があって結局 回復するまで2日ほど殆ど断食状態でした。

他の仲間たちは私よりたくさん食べて飲んでもケロッとしているのに 私にとっては暴飲暴食の旅になりました。

昨年末から年明けにかけての断食挑戦もあってか 身体がだいぶ敏感になっていること忘れていました。

 

ところで 誕生について和尚ラジニーシのことばから

「 人は生まれることもなく、死ぬこともない。どちらも幻想だ。確かにそう見えるが、それは薄暗がりの中で

縄が蛇のように見えるのと同じだ。暗い小道を歩いていると、突然、蛇に出くわしてぞっとする。だがそこには、

縄が1本落ちているだけだ。明かりさえあれば(ロウソク一本でもよい)もはや蛇は見当たらない。

最初から蛇などいなかったのだ。

誕生は蛇に見えた縄と同じように幻想だ。 そして誕生が幻想だとしたら、もちろん死も幻想だ。

あなたはけっして生まれることはなく、けっして死ぬこともない。あなたが肉体に入ったことは確かだ、

それが誕生だ、 そしていつの日か肉体を去る、 それが死と呼ばれるものだ、 

だが「あなた」に関するかぎり、あなたは誕生前から在ったし、死んだ後にも在るだろう。

生が誕生と死によって限定されることはない。多くの誕生があったし、多くの死があった。

誕生と死は、生の永遠の中では小さなエピソードに過ぎない。この永遠性に気づいた瞬間 (永遠性とは

「いま」の別の名前、この無時間性のことだ) 死に対するすべての恐怖 すべての不安が

ただちに消えてなくなる。 朝日の中で消えてゆく水滴のように。 」

 

 ,

 

 

« 眠り | トップページ | 新年 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 眠り | トップページ | 新年 »